くらし

【ちょっと前向きになれる階段の法則】今日のあなたは過去最高だった

この記事では、

・最近、自信をなくしている。
・受け身だと分かっているけどどうしたらいいか分からない。
・もともと自己肯定感が低い。

そんなお悩みを抱えた方に、ちょっとだけ前向きになれる「階段の法則」というのを
ご紹介したいと思います。

階段の法則?

なんだか自己啓発っぽい感じですが・・・。笑

別にもっと頑張ろうとか、あおりたいわけではありません。

タイトルにもあるように、今日のあなたは過去最高なんだよとお伝えしたいのです。
だからそんなに焦らなくていいよって。

では、もう少し解説していきます。

どうぞご参考に!

 

「今日」という日の捉え方


あなたが生まれた日から今日までの人生を考えてみましょう。

 

今日の「わたし」というのは過去からの人生の中で最もベテランです。

 

プロサッカー選手にたとえるなら、ぼくの好きなスペイン屈指の守備職人、セルヒオラモスのようです。

 

そりゃ過去色々な経験、成功も失敗も、楽しさや喜び、悔しさや悲しさがあったことでしょう。

 

振り返って懐かしむことができるのは、今のあなたがその時を乗り越えて、確実に成長してきている証です。

 

「よくやってきたね」と労(ねぎら)いましょう。

 

一方、今日からの未来を見据えてみましょう。

 

今日の「わたし」は最も経験の浅いペーペーな新入りです。

 

周囲を見渡せば、上には上がいる。
謙虚に掃除や皿洗いからスタートしたいところです。

 

 

これは言い換えると、今のあなたには・・・・

 

伸び代しかない。

 

ということです。

 

つまり、今日という日。

 

過去からの人生で見れば「自分史上最高なわたし」であると同時に、未来に向けては今日が「最も未熟なわたし」である。

 

そんな捉え方ができないでしょうか。

 

階段の法則

過去の人生をクヨクヨ考えたり、後悔するのはほどほどに。
自分は成長してないんじゃないかとか、思わなくて良いのです。

 

人生は階段を登っていくようなもの。

 

今日のあなたが過去最高のあなたなのです。

 

そのあなたが過去に下してきた判断、歩んできた道はすべてベスト。

 

仮に過去のアレは間違っていたと感じても、今それを思えるということが成長している何よりの証ですよ、ね?

 

過去をアレコレ思い悩むのは止めにして、とっとと今日からの未来に目を向けていきましょう。

 

まだまだ階段は続いているはず。

 

今日という日は、これからの人生の中でいえば「最も若い日」です。

 

あらゆる新人に与えられる選択肢は1つだけ。
チャレンジあるのみ。もうやるしかありません。

 

仕事も遊びもチャレンジしているときこそが最も楽しいのです。

 

つまり、今日は、楽しい未来の初日。

 

ぼくは階段を登るたびに、そのことを思い出し、過去の自分への感謝と未来の自分への期待をします。

 

「今が最高。そしてこれからますます良くなっていく!」

 


そして、控えめにガッツポーズ。

 

よっしゃ、これでいいのだ。

 

これがこまさん流、ちょっと前向きになれる「階段の法則」です。

 

毎日が特別な日

「今日」は、過去最高な自分と最も未熟な自分という、2つの自分が共存する特別な日。

 

もうお気づきかもしれません。
毎日がその「特別な日」といえます。

 

つぶやいてみましょう。

 

「今日は特別な日だなぁ・・・」

 

ヘンな目で見られるかもしれませんが気にしないで下さい。

 

さぁ、最もベテランで最も若い今日のあなた(ぼく)。
時に立ち止まって登ってきた階段をふりかえってみてもいい。
そして上に続く階段を眺めながら、次どんな挑戦をしようか、です。

 

一歩一歩でいいじゃないですか。
小さな挑戦を楽しんでいきましょう。

 

大丈夫。
どうせ、よくなっていく。

 

・・そんな風にぼくはいつも思考を楽しんでいます。

 

それでは、また。

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA