くらし

【子どもに教わった】「つまらないなぁ」という気持ちを一瞬で変える方法

この記事では、

最近、楽しいことなんてない
毎日、面白いことないなぁ
つまんない日々

今回はそう思っている(お悩みの)方へ向けた記事になります。

どう考えたら毎日が楽しくなっていくか?をお話ししていきます。

結論は、至ってシンプルです。
このこと、実は子どもに教わりました。

 

ぜひご参考にしていただければと思います。

 

まず「これ」をしながらやると物事が楽しくなっていく

結論から言います。

私のオススメは、何かに取り組むときこうするのです。

 

笑いながらやってみる。

 

たったこれだけです。

仕事でも、家事でもなんでもいいです。
普段つまらないと感じていることを、今日は「笑いながら」やってみてください。

笑いながら始めるだけで、ちょっと前向きになっていませんか?

ちなみに、今私は自宅でブログを書いているわけですが、

 

笑いながら書いてます。

 

もしこれを職場でやると、当然不気味に思われるでしょう。
「大丈夫か?」と心配されるかもしれません。

なので、微笑むぐらいでいいと思います。

それでも効果はあるはずです。

 

人と話す際にも、スマイルで対話します。
ご飯をいただく際にも、スマイルで食べます。
会議でも、商談でも、地味な作業もすべてスマイルで。

気持ち笑いながらやってみてください。

アレ?と感じるはずです。

”ちょっと楽しいかも”

”え、今まで気づかなかった面白さに気づいた”

”なんだろ、じわじわ楽しくなってくる”

そんな心の変化が生じてくると思います。

笑うことは、余分な力を抜くことにつながりパフォーマンスを上げると言われていますよね。

ヘラヘラする。
ニヤニヤする。

言葉にすると、なんかふざけているように思いますが、
一人でいるときならアリじゃないでしょうか。

 

子どもは楽しむことの達人

子育てをしていると、学ぶことがたくさんあります。

特に子どもは、今目の前にあることを楽しむことに全力を注ぎますよね。

例えば、一緒に何気ない道を歩いているときでも、

色のついたブロックだけが歩けるんだよ。
そこ以外を踏んだら、海に落ちて死んじゃうんだよ。

とか、いきなり謎のゲームが始まったりします。
(結構しつこくやったりしますよね)

そんなゲームでも全力で楽しみ、イキイキ笑っています。

大人にとっては「ただの道」でしかありません。

ただの道を歩きながら、寒いなぁとか、明日の仕事のことや人間関係の悩みを思い浮かべたりしています。

今ではなく昨日や明日のことを考えています。

いいも悪いも、大人になると周囲に「自分の心境」を左右されやすくなるのです。

でも、子どもというのは、ひと言でいえば「今を生きている」。
ちょっとしたゲームや遊び的な視点で今、目の前を楽しんでしまいます。
今を楽しむ天才ですよね。

大人は周りに流されすぎなのかもしれないな。。。

そんなことを気付かされました。

でも、大人だってできるのです。

忘れていただけで。
私は目の前のことを楽しむ、と決めてしまったらいいのです。

楽しく生きると決める。
なんでも楽しんでみる。

やってみると、意外と楽しくなってくることって多々あります。

だから、まず笑いながらやってみるというのが大事なわけです。

 

そこに楽しめる自分がいるかどうか

「最近楽しいことないなぁ」とよく言ったりします。
「楽しい仕事がしたい」とか。

そもそも「楽しい○○」なんてないのかもしれませんね。

あるのは、それを楽しめる自分がいるかどうかだけ

目の前にあることをいつも全力で楽しむ自分に変えていく。

何があろうがなかろうが関係なく、自分は楽しく生きる。

そう決めてしまうことが大事なんだと思います。

自分の内側で決めるのです。

周囲の状況に左右されるんじゃなくて。

あ〜やりたくないなとか思っていても、
まず、笑いながら少しやってみましょう。

子どものように、ゲームっぽくするのもありですよね。

子どもの時を思い出しながら、楽しむ自分にシフトしていきましょう。

 

まず、笑いながらやることです。

 

それでは、また。

 

①何でもまず笑いながらやる
②子どもは目の前にあることを楽しむ天才
③大人も目の前のことを楽しむと決めてしまえばいい

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA