Simple Memo Life
毎日がストレスフリーになるシンプルなメモ活用と実践法をご紹介。
メモ書き

【魔法のひと言】どんなイヤなこともノートに書くとアイデアに変わります

生活の中でムカついたこと、イヤだったこと、テンションの下がること。
心にためるのではなく、大いにノートに書き殴りましょう。

ノートって、ポジティブなことやキラキラしたことばかりを書く道具ではありませんからね。

誰にも見せないことを前提に、たとえば

「◯◯、ムカつく」

いやいやもっとデカ文字で。

 

「◯◯ムカつく!はらわた煮えくりじゃ!」

 

いいですね〜、そんな感じで本心から言いたいこと、思ったことをノートに思いっきり吐き出してみるのです。

それだけでも、なかなかスッキリします。

 

で、ここからがポイントなのですが、

スッキリして終わり、ではなく、ぜひ「その先に」一歩進んでみて欲しいと私は心から思っているのです。

その先とは、「じゃあ、じぶんはこれからどうするの?」という行動のアイデアです。

今日は、そのためのメモ技をお伝えしたいと思います。

カンタンです。

心の中にあるイヤなことを一通り書き出だしたあと、次のキーワードを余白に書いてみてください。

 

「・・・と、いうことは?」

 

これを書くだけで、思考がシフトします。

愚痴や文句を書き出したエリアから、一線をピッと引いてから「と、いうことは?」と書くとよりシフトしやすいです。

このキーワードは、物事をポジティブに応用していく魔法のトリガーなのです。

もう少し丁寧にこのキーワードを説明すると、

「この出来事は、これからの私の◯◯にどんな応用ができるだろうか?」

という意味合いになります。

◯◯には、仕事、子育て、人生でも、好きなことを入れて大丈夫です。

 

例えば、こんな感じです。

今日の会議での上司の発言にムカついた。前に言っていたことと全く違う!
最近方針がコロコロ変わるので、仕事しにくい!あームカつく!

 

「・・・と、いうことは?」

 

毎朝、上司への挨拶+1ミニッツ方針確認をしていこう。

こんな感じで使ってみるのです。

「ということは?」を付け加えると、不思議と次の行動アイデアが浮かびやすくなります。

しかも、なかなかいいアイデアになりやすい。

どんな愚痴や文句、悪口でも、この魔法のキーワードを付け加えるだけで、「その先」にシフトして行けるのです。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

ついでに。

もうお気づきかもしれません。

今回は「イヤなこと」を次の行動アイデアに変えるコツでしたが、別にイヤなことだけではなく、楽しかったこと、嬉しかったこと、感動したことにも応用できます。

 

嬉しかった。
「・・・と、いうことは?」です。

 

このキーワードひとつで、ぼくもあなたも「その先」の現実をつくっていけるのです。

「今日はこんな嬉しいことがあったんだ」

「と、いうことは・・・?」

 

なんだかワクワクしてきませんか?

それでは、また。

 

 

こちらの記事もおすすめ!