Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
メモ書き

あなたの仕事に好循環をつくり出す【書く・解釈・行動】

メモを一枚書くほど、人生は豊かになっていく。

この10年、ずっと同じことを言い続けています。
わたし自身の仮説と検証の記録として、本ブログも継続しています。

「え、メモで?ほんまかいな?」

今、なにか行き詰まりを感じている人。
悪循環が続いていると感じている人。
この流れを変えたいと思っている人。

そんな今の身の回りの状況を変えたいと思っている人のために、

もう少し解説します。

よかったら、ぜひ参考にしてくださいね!

 

頭をクリアにしたいなら「書くべし」

多くの人は、紙に書かずして「頭の中だけ」でモノゴトを考えたりまとめようとします。

ああでもない、こうでもないと悩みのジャグリング状態が始まります。

まさに「複雑の道」まっしぐらです。

もしあなたもそんな感じで行き詰まりを感じてきたのなら、
こんな方法もあります。

 

【ペンを持って紙に書き出す】

 

モヤっとしたら、先に頭の中にあるものを紙に書き込んで落としちゃうのです。
ガガガッーと。

さっさと気が済むまで書く。

たったそれだけで、スッキリした感じがしたり、

グッと情報を整理しやすいはずです。

シンプルの道になります。

抱えていた悩みやモヤモヤが「なーんだ、こんなものか」と感じられたなら、

それは、頭がかなりクリアになっている状態と言えます。

 

眺めながら「解釈する」

もちろん書いて終わり、ではありません。

書いたものを今度は、ぼっ〜とぼっ〜と眺めてみる。

意外ですが、メモを活かすコツはこれなんです。

 

【眺めながら、解釈】していきます。

 

かなり思考が楽なはずです。

・大事なことはどれかな?
・なんでかな?
・それで?
・つまり・・・

そんな感じで、ひとりツッコミをしてみるのです。

そこで根本原因を見つけたり、
関連性を見出したり、
事実の裏側を理解したり、
仮説を立てたりしていきます。

プラスに解釈するも、マイナスに解釈するもあなたの自由。
自分の好みでOKです。
心地よいものを選択すればいい。

この解釈の幅や深さこそ、人間力というのではないでしょうか。

人生の方向性や豊かさを下支えする大事なチカラだと思います。

これは「書くこと」で誰でも訓練していけるのです。

今まで頭の中だけで1つの解釈しかできなかった人でも、
手を動かしてもう1つの解釈を書いてみることができます。

(ね、これだけでも進化ですよね)

書くからできるのです。

2つの解釈を眺めながら、どっちを選ぶ自分が好きか自分に聞いてみればいい。

「うん、こっち」的な。

 

1つ書いたら、1つ行動を

解釈次第で、どんな行動やアウトプットをするか、は変わります。

【1つメモを書いたら、必ず1つ行動】をしていきましょう。

当たり前ですが、行動しなければ現実は1ミリも変わりません。

書けば叶うって言われますが、いやいや行動しないと叶いませんよ。

でも、行動が変われば、あなたの未来は変わっていくでしょう。

何か動けば、ある結果ができます。
何かにひらめいたり、気づいたりもするでしょう。
感情も動きます。

それをまたメモしていくのです。

すると・・

書く→解釈→行動、で終わりではなく、

書く→解釈→行動→書く→解釈→行動→書く→・・・

というサイクルになっていきます。

一枚のメモから「好循環」を作り出していくわけです。

わたしはこのメモを使った循環で、自分を軌道修正したり、行動を起こしやすくなりました。

コツコツと何度も回していけば、誰でも好循環になっていくコスパのいい方法です。

 

書いたら、解釈して、行動する。
すべてはそこからはじまります。

 

この夏、好循環を作りたいですか?

ならば、ぜひこの手札を試してみてほしいと思います。

 

それでは、また。

 

①ペンを持って紙に書き出す
②眺めながら、解釈する
③1つメモを書いたら、必ず1つ行動する