Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
思考整理

あと1歩、あなたができることは何だろう?

腹式呼吸をしてみます。
ゆっくり息を吐く。ふ〜っと。
やがて「もう全て出し切った」というポイントがやってくるでしょう。

その際に、少し前傾姿勢になってみてください。
すると、実はまだまだ息を吐けることに気づきます。
「え、まだこんなにあったの?」

 

終わりだと思っても、たぶんそのほとんどは錯覚です。

 

ちょうど、いま錯覚中のあなたに今日のタイトルを差し上げたい。

「あと1歩、あなたができることは何だろう?」

 

 

 

 

私たちの思考は、結構早めに白旗をあげます。
「な、やめとけ、ムリだって、もうおわり。」
このささやきグセをあらかじめ知っておきましょう。

 

もう無理。限界。ここまで。万事休す。
仕事であれ、暮らしにおいても、人生のピンチはいくつもやってきます。
頑張っても頑張っても、成果が出ない時。
あぁ夢なんて叶うはずはい、天を仰ぐことも。

 

・・・終わりだ、あきらめよう。

 

もしも、今そんな気持ちになっているなら、つべこべ言わずにノートに今日の問いを書いてみて欲しいのです。
(ちゃんと最後には「?」マークも忘れずに)

 

人は質問されると、自動的に考えます。
「何色が好き?」と聞かれたら勝手に思い浮かべるでしょ。
どんなに落ち込んでいても、悲しみの中にいたとしても。
めっちゃ腹が減っていても。

 

私たちは生きている限り、質問されたら答えを探しにいくのです。

 

 

「終わった」と思っているワタシに、「あと1歩とは?」と問う。
頭の中だとすぐフワッと消えるので、とにかくノートに問いを書く。
そして、字をじーっとみる。
さぁ、そこにどんな自分がいますか?

 

終わったなんて錯覚ですよ。
あなたの中には、まだ出しきれていないアイデアが「ある」のです。
肺の中に隠し持っていた空気のように。

 

 

 

 

1つのエピソードを紹介します。

職場でお局様にいじめられていた彼女が、1つの問いによって救われた話です。
(この彼女とは、私の講座に参加してくれた方です)

仕事は好きだけど、職場に行くのが辛い毎日。
なぜいじめられるのかわからない恐怖。
いじめというのは、他者に状況説明がとてもむずかしい。

何度も上司に相談しようとしたけど、どこから何から説明したらいいのか、そもそも言ったところで状況は改善するのか、むしろ火に油を注ぐのではないか。
毎日が不安と恐怖で、家で泣いていたそうです。

そんな時にも関わらず、自分のコミュニケーション力を改善したいと私の講座に参加してくれた彼女(拍手)。
講座中はずっと暗い表情で、何だか怒っているようにも見えていました。
終了後に彼女は意を決したように、ズンズン私のところにやってきて、いじめのことを相談してきました。

 

「私、辞めるしかないんですかね?」

 

正直、戸惑いました。
(唐突すぎる)

初対面の彼女に「ああしたら?」なんて無責任に言ってはいけないだろう。
でも、何とか助けてあげたい。
私がアドバイスしたのは・・・・

そう、今日のタイトルにある「問い」です。

 

もう辞めるしかない、と思っていた彼女に
「あと1歩、○○さんができることってなんでしょう?」と。
1歩だったら思いつくはず。

ちょうどメモ書きで思考整理を習ったばかりの彼女が言ったのは、
・今夜(今日習った)メモで思っていることを全て洗い出してみる
・整理して、明日その紙を見せながら上司に相談してみる
・もしそれで状況が変わらずだったら、即転職活動する

1歩どころか、3歩も出てきました(すごい!)

 

「ほら、メモで思考整理ってすごいでしょ」とここで言いたいわけではありません。
「もう終わった」と思っていた彼女が、たった1つの問いで再び立ち上がったことなのです。

 

後日、彼女はメモを見せながら上司に説明したそうです。
紙を見せながらなので、落ち着いて伝えられたそうです。
上司はその事態に驚き、すぐに動いてくれたとのこと。
(また、説明がわかりやすいと感謝されたようで)

 

そこまで、聞いています。

 

 

 

 

「あと1歩だけ、前に進もう。」

スガシカオさんの「Progress」という歌の中にある好きなフレーズです。

もう終わった。諦めよう。
そう思う瞬間って誰にでもあります。
まさに今がそう思っている方もいれば、明日思うかもしれない。

でも、それは錯覚ですからね。
投げ出さないでください。
まずやることはたった1つ。

涼しい顔でノートを開き、今日の問いを書くこと。

 

あと1歩、あなたができることが何だろう?

 

これは終わりではなく、始まりの問いなのです。

さぁ、始めましょう。
あなたの逆転の物語はここから始まるのです。

 

それでは、また!