Simple Memo Life
毎日がストレスフリーになるシンプルなメモ活用と実践法をご紹介。
くらし

【感情の整え方】人は人、わたしはわたしでいい。

誰だって不安やイライラが続くときがあります。

それは悪いことではありません。
人間そうなる時もあるわけですから。

「そういうこともあるよね」
って開き直って自分に許可してしまう方がいいと思います。

逆に悪いことだ、と自己嫌悪に陥る方が長引かせます。

どんな気分にも丸をつける。

その上で、機嫌を回復していくことをしていきましょう。

まず体調を整えることが一番大切です。
身体にいい食事、お風呂で温まって十分な睡眠、適度な運動。

たいていはこれで元気が復活していくものです。
しかし、感情を整えるにはもう一つオススメなことがあります。

それは、じぶん「も」好きなことを追いかけること。

「も」ってどういうことか?
不安やイライラの奥底には、他者との比較がないでしょうか。

・あの人は好き勝手やっている
・あの人はうまくいっている
・あの人はなんだか調子いい

あの人だけ好きなことをしてイキイキしている。
反面、私はなにかと我慢して停滞して、不調・・・。

比較は、嫉妬や不満、怒りの感情を生み出します。

これは身近な夫婦間でも起こりえます。
たとえば、夫の仕事が絶好調で外ばかりに目が向いている時、家を守る奥さんは夫を応援しているけど、心の奥底では不満がつのっている。

逆に、夫の仕事がうまくいっていないけど、奥さんが社交的で何かとうまくやってイキイキしているのを見て、夫はなぜか面白くない。

夫婦でなくても仲間やパートナーに似たような感情を持ってしまった経験ないでしょうか。

もしも、今何かにモヤモヤしているなら、
「一体誰と比較してるんだろう?」
振り返ってみるといいかもしれません。

別にその人は悪くないのです。
ただ好きなことをひたすらやって輝いているだけ。

誰かとの比較に気づいたら、
ボリュームを小さくするように、そっと比較をやめてみる。

そして、ノートにあなたの「夢や目標」を書いてみることです。
他人の好調や華々しさなんてまっったく関係ありません。
あなた好きなことを追いかけたらいい。

今はネットを通じて他人の情報がわんさか目に入ってきます。
自分を生きることがけっこう難しい。
でも夢や目標を紙に書くという素朴な方法は、自分を取り戻してくれます。

情報をまったく遮断するのもちょっと極端なので、
誰かとの比較モードになってきたら、夢や目標を書きましょう。
何度でも。

そして1つでもそこに近づく小さなアクションを起こしてみるのです。
その過程で感情は整っているはずです。

感情の安定は人生の安定につながります。
人は人、わたしはわたしで。
あなた自身を生きていけばいい。

今日は冬至。
明日から昼間が少しづつ長くなっていきます。

ここからじぶんの流れも変えていきましょう。
あなたも(ぼくも)じぶんの好きなことを追いかける。

それでは、また。

 

こちらの記事もおすすめ!