くらし

【オーケストラに感動】ひとはパンだけ食べて生きてはいけない

いや〜今ちょっと拍手しすぎて手がジンジンしています。

なぜかと言うと、今日人生で初めて、クラシックコンサートを観に行ってきたからです。
途中ちょっと記憶が飛んで異次元の世界に行ったりしていましたが、

総じて、感動しました。

楽団の皆さん、一人ひとり顔が違いますし(当たり前ですが)年齢も価値観も違うでしょう。でも、指揮者の元、音を合わせてひとつの作品を作り上げている。
オーケストラって想像以上に大迫力で繊細なメロディになるものなんですね。

音楽って聴く者の感性を静かに、しかも大胆に刺激します。
特に言葉のないクラシック音楽はその度合いがより高い気がします。

私の場合、特に「ハープ」の音に妙に反応することに気がつきました。
あのでっかくて、何かの星座になっていそうな楽器です。
(すいません、ど素人のたとえで・・・)

なんだろう、ハープの音を聴いていると身体中のリンパの流れが良くなるような、
リラックスして、思考が澄んでいくような感じがするのです。

よく分からないストレスがスゥーと抜けていきましたよ。

台風も近づいているし、本音をいえばあまり気が乗らないコンサートでしたが、
「行ってよかった!」(誘ってくれた妻にほんと感謝です)

今月は、演劇を観に行ったり(これも感性をかなり刺激されました)
コンサートに行ったりと、日頃ほとんどない芸術に触れています。

美味しいご飯を食べることや、仲間とお酒をワイワイ飲んだりする、YouTubeをダラダラ観る。そういうのも楽しいじゃないですか。

でも、定期的に芸術に触れることも生きる上で大切なことなんだと学びました。
しかも、足を使って直に観にいくこと。
対面でしか感じられないエネルギーってある者です。

ひとはパンのみにていくるにあらず

キリストの言葉ですが、ほんとそうだなぁと思いました。

たまには、芸術に触れていこうと思います。
ストレス解消、感性を刺激してクリエイティブでクリーンな頭になれるかも、です。

一度スタンディングオベーションというやつもやってみたいですね。
今日はその気持ちはありましたが、勇気が足りなくて立てませんでした。
いつか率先してやりたいと思います。

それでは、また。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA