仕事

【今からやろう0円トレーニング】あっさり有言実行な自分になってしまいます

この記事では、

・自分に自信がない
・決めたことを続けられない
・そもそも決めることが苦手

そんな自分に悩んでいる人に向けて書いています。

大丈夫、あなたは変わることができます。

”あるちょっとした習慣”を日常に持つだけです。

では、解説します。

仕事ができる人=有言実行する人

あなたの周囲にいる「できる人」ってどんな特徴を持っているでしょうか。

・段取りがいい
・全体像を俯瞰している
・とにかくスピードが速い
・メモを書いている

などなど、1つではなくいろんな特徴が思い浮かぶと思います。
その中に「有言実行」という特徴もあるのではないでしょうか。

特に素晴らしい成果を出す経営者はみな有言実行者です。
先にビジョンを語り、現実をそこに向かわせていく。

例えば、有名なのはソフトバンクグループの代表、孫正義さん。

彼が起業したての頃。
当時福岡の小さなできたばかり零細企業のオフィスにて、
初めての朝礼で、みかん箱の上に立ち、

「将来1兆2兆とお金を数える大企業になる」

と、社員2人に向かってアツく2時間語った。

そんな伝説があります。
(2人の社員は翌週、会社を辞めたらしいのですが)

でも、今やソフトバンクグループといえば日本を代表する企業の一角です。
たしかに有言実行していますよね。

有言、つまり先に言う。
そして、実行する。

おそらく孫さんは、大きな志だけでなく、小さな日々のことでも有言し、実行を積み重ねたからこそ、大きな存在になっていったのではないでしょうか。

私たち庶民でも、いきなり大きなことはできませんが、
日常の小さな有言実行だったらできるはず。

そんなところに私はヒントを見出したのです。

 

有言実行できる自分になるカンタンな方法

では、どうすれば有言実行のチカラが身についていくのか?

ズバリ、私の結論を言ってしまいますね。

なにか動く前に、その動作を口に出す。

たったこれだけです。

例えば、

トイレに行こうと思ったら、
「今から、私はトイレに行く」で実際に行く。

電車から降りようと思ったら、
「今から、私は電車を降りる」で実際に降りる。

自動販売機でジュースを買おうと思ったら、
「今から、僕はジュースを買う」そして、買う。

先に動作を口にする、宣言するだけ。
そして、「できた!」と実感する。

これ、いちいちやる人って少ないと思います。
なぜならやらなくても困りませんし、めんどくさいからです。

人はめんどくさいことはやりません。

しかし、私はこれをやって「有言実行ってカンタンじゃん」と思うようになりました。

トレーニングというほど何か辛いわけでもなく、ただ日頃の口ぐせを習慣づけるだけですから超カンタンなルーティンなのです。

試しに1日、できれば3日間やってみてください。
なんとなく続けられそうなら21日間チャレンジ(ヨーグルトみたいですね)。

気がついた時だけでもいいです。
何かしようと思ったら、動く前に「先に宣言する」だけ。

よし、この続きを書こう・・・
(今、宣言しました)

で、今書いてます。
(有言実行中です、笑)

そんな感じです。

このシンプルなルーティンにどんな効果があるか?

要は「宣言と実行」のセットを自分の身体に何度も何度もすり込むわけです。
すると、無意識に「お前は言ったことをやるヤツだ」をすり込んでいるのです。

言った→やる→できた!

ほらね、と自分を信じられるようになっていきます。

ポイントは、ハードルを下げることです。
志は低くてよし。
だから日常がいいのです。

いきなり、1兆円とか言わないように。

むしろ、今床に落ちているゴミを見つけたら、「今から私はそれを拾う」とボソッと言って実際に拾う、そのぐらいがいいと思います。

単純だけど大切なことシリーズ①:ゴミが落ちていたら拾っているか昨日UPした記事からの続き、シリーズ①です。 https://simple-act.com/%e5%8d%98%e7%b4%94%e3...

で、「できた!」をたくさん味わいましょう。
そう、日常の中には「できた」をたくさん味わえるシーンばかり。

バカバカしいでしょうか?

大抵の方はそう思ってやらないのです。
あらゆる成長の土台になるのは、バカバカしく、つまらないことの繰り返しです。

でも、その繰り返しが力になり、果実になっていくのです。

もしも、有言実行していく自分になりたいのなら(今はそうでないけど)
このバカバカしいことをやってみても損はしませんよ。

だんだん、「あ、言ったことって実現できるんだ、ワタシ」という
新感覚が身に染みてきますから。

そうなると、「行動力あるね!」と周囲からの目も変わってくるはずですよ。

高い目標を掲げてチャレンジするのもいいけれど・・・

手の届かない高い目標を掲げた方が燃えるタイプも中にはいるでしょう。
自分に厳しくあれ。
そう説く自己啓発書も何冊も目にしてきました。

しかし、私は「やってみて」続きませんでした。
動けないことへのストレスと時間が消耗するばかり。

どちらかと言えば、私は「小さなことをコツコツと」タイプなんだと知りました。

ハードルを下げて下げまくって、カンタンにクリアする。
その回数を増やしながら、徐々に自分のペースでそのハードルを上げていく。
それこそ継続するコツと自分なりに体得しています。

その手法の一つであり、トリガーになるのが今回ご紹介したような「口グセ」だったりするのです。

ちなみに今回の有言実行には対のように「不言実行」という言葉もあります。
あれこれ言わず、黙ってなすべきことを実行すること、です。

これも素敵なスタイルだと思います。
しかし、口に出さず黙々とやり続けられる人もまた少ない気がします。

決めたことを動き、継続し、自信に繋げていくには、

単純に小さなことを、言う→やる→できた!

このプロセスがオススメです。

「よし!今から本を3行だけ読む」そう宣言してみてください。
3行どころか、1ページ読めちゃったりするのです。

「お前、言えば、できるじゃん」
そんな感じで、かなり自信もついていくでしょう。

毎回言うようですが、お金一切かかりませんからね(笑)。

まさに0円トレーニング!

 

書きながら、つくづく思います。
私、こういうの考えたりやったりするの、好きなんですよね。

できることなら20年前の不器用で空回りばかりしていた自分に教えてあげたいものです。

今自信のないあなた、大丈夫ですよ。
行き詰まってたと(感じて)しても、やれることはまだまだたくさんありますから。

今後もカンタンに自分を変えてく方法、壁を乗り越えるヒントをどんどんオープンしていきます。

なにか参考になれば幸いです。

それでは、また。

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA