仕事

【即効性あり!】今日からできる職場活性化につながるワンワード変革①

今回の記事では、

・どんよりした雰囲気の職場を明るく変えたい
・職場活性化って何をしたらいいかわからない
・部下がもっと動くチームにしていきたい

そんな悩みをお持ちの経営者や上司の方に向けて書いています。

実は高額なコンサルをお願いする前にできることがあります。
ヒントは「言葉」です。

ふだん使う言葉を変えるだけ。
しかもたった1つ。

気になりますか?
もし参考になれば、嬉しく思います。

少しでもあなたの職場が活性化されますように。

言葉が世界を創る

人事コンサルタントとして、職場の活性化を支援する仕事を長年やっているわけですが、活性化とは要はコミュニケーション施策に他になりません。

 

コミュニケーション施策の本質は、そこで使われている「言葉」を変えることです。

 

言葉が世界を創るから。

 

コンサルティングのアプローチは大きく2つです。
新たな言葉を注入していくか、今まで当たり前のように使われてきた言葉を禁止するか。

 

ぼくの場合、まず何をするかというと「職場の方言の洗い出し」です。
すると大体ポイントは見えてきます。
方言とは、その職場だけで頻繁に使われている言葉のこと。

 

入ったばかりの新人にはチンプンカンプンでも、長年そこにいる先輩たちの間ではポンポンとびかっている言葉ってたくさんありますよね。

 

業務に必要な専門用語ではなく、その他日常会話で使われる素朴なふつうの言葉たちに注目してみるのです。

 

すると誰も悪気ないんだけれども、不適切に言葉が使われていることが結構あるんですね。

 

言葉は適切に使わないと、思考と行動に絶妙に影響してくるもの。

 

今回は、どの職場でも活用できる「言葉を1つだけ変えてみる」ことを解説したいと思います。

ぜひ経営者や上司の方々に試してほしい内容です。

「分かりました」を本日より禁止する

これだけです。

「わかりました!」って、よく言うじゃないですか。
なんなら1日に何回も言っていますよね。

 

でも、その後に行動にうつした割合を考えてみて下さい。
「わかった」が10だとしたら「行動」はいくつぐらいでしょうか?

 

上司はよく「わかった?」と部下に聞きます。
部下は大抵「はい、わかりました!」と答えるじゃないですか。

問題は、その後です。

 

・・・・やってねぇし。
・・・・動いてねぇし。
・・・・なんなら忘れてるし。

 

わかってねぇじゃん!

ってことが、度々職場で起きていませんか?

 

「アレ言ったよね」「いや、わかっていたつもりでした…」
そんな不毛なやりとりが今日も職場で飛び交っていないでしょうか。

 

わかりました、はその場をしのぐ意味では便利な言葉ですが、その後の行動にそんなにつながっていないかもしれないのです。

 

しかし部下の気持ちも分かりますよ。
「わかった?」そう上司から鋭い矢のように言われると、つい「分かりました!」と反射的に言ってしまいますよね。

 

ぼくも駆け出しの頃はそうでしたから。
だからあなたは悪くないよ、とそっと伝えておきます。

 

強いて言うならこの言葉を使ってしまう上司や経営者が悪い。

 

なので、ぼくがコンサルをさせていただく会社では基本「わかりました禁止令」を出させていただきます(社長と上司の皆様に対して)。

 

「わかった?」ではなく、こう聞いてみて欲しい

 

わかりましたが使えないなら、代わりの言葉は何か?

オススメは「できる?」です。

「できる?」


「(う〜ん・・・)できますorできません」

このやりとりが理想です。

 

できる?と聞かれると、相手は実行イメージを頭に思い浮かべます。
そこで動きのイメージが湧かないなら、確認を重ねていい。
できると確信したなら、即行動。シンプルです。

 

結局「わかった?」は行動までちょっと距離がある曖昧な言葉になっているわけです。
なので、禁止。

 

もしついつい「わかった?」と言ってしまったなら、その後に「できる?」を追加しましょう。

 

部下の「できます!」をたくさん引き出せるようサポートしてあげて下さい。
一人ひとりの「できる」が増えていけばいくほど自信につながります。

仕事では「わかる」よりも「できる」「できた!」を増やす。

 

小さなチーム単位でいいので試しにやってみてはいかがでしょう。

 

「できる?」「できます!」「できた!」このやりとりです。

 

どんな仕事でも、結局アウトプットです。
行動しなければ自信も成果も生まれない。
「分かりました」で止まっていてはいけないのです。

 

ふだんの使う言葉を変えてみましょう。
言葉の1点替えです。
どんよりした職場がとっとと行動する職場になっていきますよ。

 

ちなみに、職場だけではなく個人の活性化でも同じことです。
「わかった」で立ち止まらずに「できる?」「できた!」を積み重ねていく。
早速、今日から取り入れてみて下さいね!

それでは、また。

 

 

これもある意味「できる」を増やしてくれます。
先日体験する機会があったのですが、テクノロジー革命を感じました。
着る、筋肉。マッスルスーツEvery(エブリィ)

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA