Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
くらし

風流に生きる

夕暮れの帰り道、ちょうど橋の真ん中あたりに差し掛かったとき、
ふと思いました。

 

「このままでいいんだ」と。

 

その瞬間、ほんの少しだけ流れているそよ風を感じました。

 

そうだ。
このまんまでいい。

 

なんだってそうです。
まるごと受け入れちゃえば、体から力が抜けていきます。

 

数日前、子どもに泳ぐコツを教えたことを思い出しました。

 

「ヒトってな、体の力をふわ〜って抜いていくと勝手に浮かぶんだよ。」

 

子どもには偉そうにそんな教えをしておきながら、
日常ググッと力んでいる大人。

 

おぼれてまうわ。

 

これまでもそうです。
ふりかえると、ありのままの自分をそのまんま受け入れ始めた時にこそ、流れが変わってきたことを思い出しました。

 

そうそう、脱力して流れに身をまかせよう。

 

心が過去でも未来でもなく「いま、ここにあるとき」にこそ、吹いている風を感じ取ることができます。

 

そう、風に乗ることができたのは、リラックスしている時だけ。

 

川の流れに身をゆだねながら、いま吹いている風に乗りながら、
ゆったりといろんな景色を楽しめばいい。

 

今日待ち合わせ場所を間違えたあの人もついでに許しちゃおう。

 

風流に生きるとは「このままでいい」と思うこと。

 

それだ。