Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
くらし

誕生日を機に決めたこと【もっとゆるむ】

昨日は生まれて四十何年目かの誕生日でした。

1つ決めたことがあります。

もっと「ゆるもう」ということです。

その決意自体がすでにゆるっとしているわけですが。

 

今回はその決意の背景を少し解説したいと思います。
多くの大人に通じる何かヒントになるかもしれませんので。

 

ゆるむとは?

とにかく、余計な力を入れずに心身ともにリラックスしながら仕事をしたり、家族と過ごすことです。

 

しかし、言うは易し、行うはなんとか。
まだまだ体のアチコチ、心のどこかが力んでいます。
意識してのこれ、です。

 

おそらく無意識レベルでは、私たちは想像以上にググッと力みながら、自分を締め付けながら生活をしているのではないかと思います。

・こうしなければ(やりたくないけど)
・昔からこうだった
・自分とはこういう人間だ

見えない鎖で縛り付けていることってたくさんありそうです。

 

 

試しに「ふわ〜っ」と息をゆっくり吐きながら遠くの空や山を眺めてみましょう。

それだけで、力みが抜ける感覚があります。
そう、それだけ余計な力みってたくさん抱えながら生活しているのです。
抜いても抜いても湧き出るように、力みってどこからか湧いてきます。

ゆるんでいない証拠です。

 

ゆるもうよ、これが今の私のテーマです。

 

なぜ「ゆるむ」なのか?

実は5月のGW明けごろから突然やってきた腰痛に理由があります。

ツボを押したり、腰痛を緩和するストレッチなどあれこれやってみたのですが、一瞬ラクになるものの、どうも痛みの根っこは残ります。

そんな身体と対話してみたんですね。

するとこんな内声が聞こえてきたのです。
(正確には、聞こえた「ように感じた」)

 

 

”りきみすぎ”やで。

 

いつまで30代の熱い気持ちでおんねん、
そんなやや呆れたようなささやきの声。

単純にデスクワークが増えたから、というだけではなく、
どうも身体にも心にもムダに力が入っていたのではないか。

うん、たしかになぁ。

 

ざっくり言うと、そんな内省ができたのです。

 

この腰痛は「気づけよ」と言うメッセージか・・・

 

身体って、じぶんにとって大切なことをたまに教えてくれます。

 

ゆるむと何がいいのか?

 

そんな背景から、「ゆるむ」なのです。

ゆるむことのメリットは、身体だけでなく、心の「可動域」が広くなるという点。

つまり、端的にいってパフォーマンスが上がります。

アスリートの世界ではすでに常識です。

かのNBAのスーパープレイヤーであるマイケルジョーダンは、ベロを出しながらすんごいドリブルをしていたし、100m走の偉人カールルイスも50メートル以降は笑顔で走るとペースが落ちないと言っていたようです。

どうやら笑顔には、筋肉を柔らかくし血行を良くする効果があるようなのです。

そういえば甲子園に登場する球児たちも、いつの頃からか試合中の笑顔が増えています。
ピンチの時ほど、笑い合っていますよね。

 

眉間にシワを寄せたままでは、誰かをホメるのは難しいものです。
どちらかといえば、反論や批判モードになりがちです。
そして、モノを言うときにも目線がどうしても上がります。

ゆるんでいると、笑顔になりやすい。
小さなポイントをホメる余裕が生まれます。
対話でも、川上からではなく、川下で待ち構えて相手の言葉を受けることができます。

自分だけではなく誰かのミスや失敗にもドンマイ!と言いやすい。

流す感覚、スルーセンスが働くのです。

ゆるむって今の時代のキーワードかもしれません。

ゆるんだ人には安心感を覚えるし、一緒に居たいなぁと感じます。

だから、まず自分がゆるみきっていこうと思うのです。

 

ゆるもうと決めた瞬間、アレがなくなっていた

そういうわけで、

わたしの人生における後半戦は、いかに余分な力を入れずに、ポップでライトな生き方を実践していくかです。

とにかく笑いたいし、
やさしい文章を書きたいし、
誰かに小さな喝采を毎日送りたい。

そして、

 

なにより安心される人でいたい。

 

そうなるためのキーワードが「ゆるむ」の3文字。

過去にとらわれることなく、未来を思いわずらうことなく、
ますます嬉しく生きていくことに通じます。

そして、今を1ミリも否定したくないんですね。

もっとゆるもう。

もう、それだけでいいんじゃないかとすら思っています。

そうしたらなんと。

 

不思議ですが、腰の痛みがどっかに消えて無くなっていました^^

 

気分かよ!(笑)

 

でも、人間そんなもんかもしれません。

 

緊張と緩和、どちらも生きていく上では大切ですが、
じぶんのバランスをちょっと見直してみてもいいかもですね。

 

ゆるさ、いいですよ。

 

それでは、また。