Simple Memo Life
生きることはメモすること。 じぶんを活かす気づきとメモの活かし方。
くらし

内側にすでにあるものをフル活用していく生き方。

昨夜は月一恒例でやっているメモ講座。
オンラインだと全国の方とお会いできます。
大好きな仕事です。
みなさん最高でした!^^

なぜか「理由」が話したくなった

 

いつも講座の最後に、
参加者の皆さんの状況に合わせたお話をして終えるのですが、
昨日はなぜか分からないけど、
「私のやる理由」について伝えたくなりました。

理由、、これかなぁと感じならがらも
思っちゃったからたぶんそうだろとじぶんの直感を信じて話しました。

 

あなたのために、少し補足したいと思います。

 

すでに、ある。

 

まだ足りないと嘆くのではなく、
足りないことに不安を感じて新しいことを加え続ける発想ではなく、
”大切なことは内側にすでにある”からそれをフル活用していきませんか、そんな提案。

 

私が一番言いたいのは、
「あなたにはすでにあるよ。それが見えたらよくないですか。」
この一行なのかもしれない。

 

自分にすでにある魅力や目的や経験や知識を
どう引き出してフル活用していくかという発想。
発想というか、生き方。それを伝えたい。

 

昨日は話しながら改めてそんな理由が見えてきました。
(こういうことってありますよね)

 

ではなぜ「メモ」なのか?

 

私たちはこれまで「知る」ことの工夫は結構やってきています。
では、知ったこと、経験したこと、感じたことを「活かす」ことは?
このことの工夫は意外にしていない。
学校でも会社でも実は、誰も教えてくれない。

 

率直に言えば、アウトプットがとっても下手だ。
いつもいつもそこで悩んでいる。
だからなんとかしたいとずっと情報をかき集める。
結果、使えないノウハウコレクター。
知識メタボ状態。

恥ずかしいけど、私自身がそうでした。

 

思ったんですよね。
普通の、不器用な、でも真面目に頑張って生きている人間が
知ったことを「活かす」もっと楽な工夫ができたら・・・

 

メモ書きはその悩みを蹴飛ばしてくれた。

 

「一枚書けば〜^^」

 

え?でもそうだった。
書・け・ば・よかったのだ。

 

例えば、
一冊の本を読んで感動したけど、3日経てば忘れているのではなく、
一冊の本を読んで、一枚メモを書く。
即ひとつ行動を起こす。

動けば、現実が変わる。

 

メモ書きを続けていると
自分では見えなかった、気づかなかった自分自身に出会える。
誰も教えてくれない自分自身のトリセツのようなものが出来上がる。
自分を客観的に見られるようになる。

 

外ばかり探していたけど、
すでに、内側にあったんだ。
そんなことに気づける。

 

だから、だ。

 

 

書き出して、眺めてみよう。

 

まだ足りないと言いますか。
私にはもう十分あるように見えてなりません。
自分の中にあるものをもっと活かすことにフォーカスしてみませんか。

 

外側ばかり探し回るのは一旦お休みして^^。

 

自分の内側をフルに活かすための工夫が「メモ書き」です。

 

自分のいいところをたくさん書き出してみましょう。
自分の気がかりなことを空っぽになるまで書き出してみましょう。
自分のやりたいこと、遠慮せずに全て書き出してみましょう。

書いたら、遠くの山や海を眺めるように
一枚の紙を眺めてみよう。

あなたにはもうすでに、あるんですよ、たくさん。
いいところ、できること、知恵もアイデアも、希望もプランも。

ね!

 

メモの出口は「小さな1アクション」です。
書いたらまずは1つ、行動してみましょう。
そこから現実が変わっていきますから。

 

8月は「ある」からスタートしていきませんか?
そして今度あなたに会う時にはこんな問いかけをしてみたいと思います。

 

 

「なにが見えましたか?^^

 

 

PS、
あるものを活かす。
実は、今の時代に求められる生き方かもしれません。
企業であれ、個人であれ。ひとつの国でも。
人間をなめるなよ、最近ちょっとそんな気持ちです。

今日は久々に太陽と再会できましたね。
さぁ明日から8月、Summarです^^

毎年8月はこれを聴きながら仕事をしています。「サマーウォーズ」です。
なんだか、すごいことをしている気持ちになってきます。
「あんたなら、できる」この言葉に何度も励まされます。

ではまた、お会いしましょう♪

3+
ABOUT ME
komagome
パフォーマンスパートナー。 学校でも会社でも教えない思考の整理技術をフリーランスの立場から相手の状況に寄り添って提供している。 プライベートでは3児のパパ。