仕事

コンサルタント10年目でようやく気づいた”大切なこと”

経営コンサルタント。
ざっくりいえば顧客企業の課題解決をお手伝いする仕事です。

ぼく自身、組織人事系のコンサルタントを会社員として10年、独立してから10年、気づけば20年もやっていることになります。

20年間も来る日も来る日もお客様の課題解決策を考え、実行支援してきました。何年やってもいつも難しく、カンタンな仕事はありません。
(カンタンだと思ったら大抵、ロクな成果には結びつきません)

しかし、どんな案件でも絶対に外してはならない本質ってあるものです。
実は10年やってようやく腑に落ちたことがあるのです。

 

「課題解決の本質」について、です。

 

何だと思いますか?

定番のフレームワーク?
最新メソッド?
コミュニケーションノウハウ?

ぼくの中ではどれもちょっと違います。
もちろんどれも大切であることには違いありませんが。

では、たった1つの本質をお伝えしますね。

それは・・・

 

 

「前向きになること」

です。

「はぁ?」と思いましたか?

ハイ、もっとも大事なことは前向きさなのです。
どんな課題であろうが、前向きさが何より必要なのです。
それがないと、どんなノウハウや経験があろうが無力です。

絶対に前向きであること。
それがコンサルタントの必須条件であり、課題解決の本質なのです。

仮にお客さまが諦めそうになっても、コンサルタントは決して諦めません。
いつだって誰よりも前向きな存在でいるのです。

「なんか知らんけど、あなたがいるだけでやる気になるんだよな」
お客さんからそう言われたら、コンサルとして一流だと思います。

別にコンサルと名乗っていなくても、この前向きなスタンスはあらゆる場面で大切です。

子育てをする親、部下育成をする上司、後輩を指導する先輩、言ってみればみんな誰かのコンサルタント。

ならば、何よりあなたが先にあきらめてはダメ。
前向きであってくださいね。

将来コンサルタントを目指すあなたへのささやかなヒントになれば幸いです。

それでは、また。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA