Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践記録
思考整理

イラッとしたことの裏側にあなたの良さがある

就活中の学生から講座の中で質問を受けた。

 

「先生(と一応、呼ばれています)、わたし長所なんてないねん。

見つけて〜」

 

いやいや会ったの今日が初めてだし。

ZOOMのカメラオフのままだし。

いきなり「見つけて」って・・・

 

「知るかー!」とおいでやす小田さんのように叫ぼうかと思う。

 

でも、わたしもプロの端くれ。

なんでも聞いてくれと言った手前、引くに引けない。

頭をぐるっと一周させた。

 

親指を描きたいなら、それ以外から書いていく。

やりたいことを見つけたいなら、やりたくないことを挙げていく。

これと一緒。

長所が見つけにくいなら、逆から考えてみる。

短所でもいいけど、次の問いかけをしてみた。

 

「どんな時に、よくイラっとするかな?」

 

「そういえば、他人が遅刻してくるのを見るとイラッとします。

○○さんがよく遅刻してくるで・・・」

あ、固有名詞は出さなくていいから(苦笑)

 

でも、そこだ!と。

 

イラっとする、怒りを感じるのは、相手のその行動が理解できないから。

なぜなら、あなたにとってはそれは自然にできていることだからだ。

そう、長所とは自分が自然にできていること。
だから本人は気づきにくいのだ。

 

時間を守ること、規律を持って生きられること。

つまり、それがあなたの特技であり長所と言えるんじゃないか、と。

 

画面はカメラオフのままだけど、自分の長所が初めて発見できて喜んでいる「うわーっ」っていう声だけは聞こえてきました。

 

勇気を出して聞いてみて良かったね。

今後、質問の仕方だけはちょっと考えていこう。

 

イラッとしたことの裏側に、その人の良さが隠れている。

 

あなたはどんな時に、イラッとしていますか?

せっかくなので、自分の良さを再発見できたらいいですね。

大切な人がイラッとしているときも、その人の良さが存在する裏側への眼差しを。

自分では気づいていないはずだから、そっと伝えてあげよう。
(もちろん、落ち着いてから)

 

言葉のギフトになるかも、です。

それでは、また。