Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
くらし

【人生の方向性】毎月1日に書く「問いかけ」で追いかける人生にシフトしよう

・なんとなく毎日が過ぎ去っていく
・仕事に追われる日々
・でも、本当は夢を追いかけたい

 

そんな悩みを抱えた方に向けた記事です。

ノートで解決します。
カギは毎月1日に「問いかけ」を書く。

たったこれだけです。

解説します。

人生は方向性を持つかどうかで変わる

北に行くのか、南に行くのか?
方向性を持つと、どんな長い旅でも大きくは迷いません。

しかし、旅ではなく私たちの「人生」になると方向性はどこへやら・・・
あなたはどこへ向かっているのか、自覚していますか?

私自身、30半ばまで迷子の迷子の子猫ちゃんならぬ、迷子のおっさんでしたからね(笑)。

一体、自分はどこへ行こうとしているのか。
どこへ行きたいのか。
その難問をかき消すように、目先の仕事に追われながら日々過ぎ去っていました。

しかし、ある時点から変わってきたのです。
仕事に追われる毎日から追う毎日へ。
それは、ノートにあることを書き始めてからです。

問いかけです。

問いかけによって方向性を確認するようになったのです。

方向性を端的に言い換えると「大事にしたい目標」です。

長期的に成し遂げたい何か大きな目的・目標を持つイメージです。

いきなりですが、いま即答できますか?

ほとんど、言えなかったのではないでしょうか。
(中には、明確に即答できる人ももちろんいるでしょうけど)

なぜなら普段、書き出していないからです。

頭の中にぼんやりイメージするよりも、
多少粗くてテキトーでもいいからノートに書き出す方が100倍マシです。
書くと認識がハッキリするからです。

試しに、手帳でもノートでもいいので、
『自分が大事にしたい(大きな)目標を書いてみましょう』

自分はあそこを目指す!こんなことを実現する!
(ざっくりでも構いません)

それだけで、何か方向性が感じられるはずですから。

大きな目標を書けたら、次はできたらより具体的、短期的なサブ目標も書けるだけ書きます。

人生は方向性を持つと持たないでは違う、と感覚的に感じ取れるのではないでしょうか。

 

目標をさらに「問いかけ」のカタチで書くと実現する

その理由は、問いを見た瞬間、脳はその答えを探しに24時間働いてくれるからです。

月収1000万円!

よりも、

月収1000万円の事業をするために必要なことは何だろうか?

と書く方が、実現につながる事業のヒントや気づきが生まれると思いませんか。

端的に「○○!」と書くのも、気合が入っていいと思いますが、
書いて満足していては意味がありません。

大事なのは、実現すること。

なので、目標を質問に置き換えて、行動のトリガーになるよう活かすのです。

良い質問とはシンプルです。

「目標を達成するための手段を尋ねる問いかけ」であることです。

10キロダイエットする!

ではなく、

10キロダイエットして小顔になるために、
必要なことはなんだろう?

 

です。

達成するための手段を問う質問をノートに書くと、
その瞬間から様々な情報や人との対話の中で引っ掛かりが出てきます。

不思議なほど、面白い現象が出てきます。

たまたま見たテレビですでに実現した人の特集をやっていたり、
普段はスルーしているメルマガを何気なく開封して読んだらアイデアが湧いたり、
書店で、ヒントになりそうな一冊が目に飛び込んできたり、

そのヒントをまたノートに記録しておくのです。

もちろん、いいと思ったら即行動します。
毎日のルーティンに取り入れていくのです。

やはり「運」というのは「動」いているからこそ、やってくるらしいですよ。
運は動より生ずって。

ノートに手書きするのも、動きの一つなのです。

座って黙って悩んでいても現実は1ミリも変わりません。

ちょっとノートを開いてみませんか。

 

いつ書くか?毎月1日でしょう!

これはあくまで私の習慣なだけです。

「毎月1日は、問いかけの日。」

どこかのスーパーみたいですが、基本のルーティンです。

人によって区切りのいいタイミングを決めたらいいかと思います。

大切なのは、「いつ書くか」を決めておくことです。

新月に書くという人もいます。
毎日、書いているという猛者もいます。

ちなみに毎日書くと、気づきがもっと増えます。
よって実現はおそらく早いはずです。

どうしても実現したいことがあるなら、毎日書くのもありですね。

私はそこまで几帳面にできないので、毎月1日に1回、時間をとって書くスタイルです。

自分が実現したいことをノート上で、

「書いて」「目で確認して」「気づきやアイデアを発生させる」

ノートに書くという行為には、物事を推進させるパワーがあるといつも思います。

そして、ノートは未来を変えられる。

もっと言えば、未来って自分の好きなように描いていいんだ、と思えるようになります。

ここだけの話、これまで書いてきたほとんどのことは
私の場合、結構な確率で実現しているからです。

だから継続しているわけで。

明日はちょうど月初めです。

よかったらノートに書いてみませんか?

改めて自分の方向性を再発見できる機会だと思いますよ。

 

追伸、

なぜ、今回この記事を書いたのか?

実は、この記事を書いた本日が1日だと昼間まで勘違いしていたからです。
朝、子供たちにも「今日から6月だね」と盛大な勘違いで送りだしてしまいました。

で、習慣の問いをノート1ページ分書き上げてから、ふと腕時計の日時が31日を指していたことに気づきました。

ちょっと前のめりになってしまったわけですが、その辺はまぁテキトーに。

方向性がハッキリして、スッキリ明日を迎えられそうです^^