Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生の流れを変えるシンプルで究極な思考法。
仕事

【未来は前提しだい】さいごは豪快に笑う、と決めておく

誰にでも「踏ん張りどころ」はある。
別に勝負を降りてもいい、
諦めても誰にも文句は言われないし、
明日はまたやってくるだろうけど、

 

(今ココは、踏ん張りどころなんだ)

(絶対に負けられない戦いがあるんだ)

(いま投げ出したら、超絶自己嫌悪だ)

 

本人が一番よくわかっている。
真剣に向き合ってきているからです。

 

そんな時は、結論として
【迷うな!】 です。

 

つべこべ思わず「全集中の呼吸」で前進。
自分の心が納得するまでやり切ってください。
できることはまだある。

今回は「困難に向き合っている」あなたへ支えとなる考え方を。
ご参考にしてもらえたら幸いです。

では解説します。

 

 

絶対にうまくいく前提を置く

「今あなたが思っている不安の9割は現実にならない」
よくものの本で語られている格言です。

9割が本当かどうかはわかりませんが、
多くの人が失敗することを前提に、
チャレンジを躊躇してしまう現実は確かにあります。

たとえば、起業。
「どうせうまくいくわけがない」という失敗を前提に置いていたら
仮に起業したとしても失敗が待っているでしょう。
そもそも、いつまでも起業なんてしないかも。

その前提がある限り、
なぜうまくいかないかの理由ばかりを集め、
「ほらね」と自分を納得させ続けるからです。

 

逆に。
「必ずうまくいく=成功」を前提に置いてみたらどうか?

これが何か動き出せる人の前提です。

知識や経験も大切だけど、実は前提。
これが盲点になっている人がたくさんいます。

あなたの前提は、いまどうでしょう?
なんなら前提を今すぐ書き換えていきませんか。
簡単です。

あなたの中で一つの問いかけを固定すればいいのです。

 

絶対にうまくいくとわかっていたら、私は何をするだろう?

 

固定するには、ノートの冒頭にこの問いを書く。
加えて問いの最初に「今日」でも「今週」でも「今月」でもいい。
置かれた状況に合わせて期間を入れてみよう。

次にふぅ〜と息を吐きリラックスして、
頭に浮かんできたアイデアをひとつひとつ書いていく。
呼吸はゆっくり深くとりながら。

やってみると行動アイデアってまだまだ出ることがわかる。
リラックスによって頭にも心にも余白が生まれるから余計に。
さらにチームメンバーとも話し合ってみよう。
きっと「まだ勝負は終わっていない」と勇気が出てくるはず。

 

私は過去何度も行き詰まったと感じた時に
この一つの問いからピンチをチャンスに変えてきました。

 

そう、物事は前提次第。
あなたがどんな前提を置くか次第で行動は変わる。
すなわち、未来が変わる。

 

どうせ失敗するに違いない、と前提を無意識に固めてしまっていないだろうか。
過去の様々な経験や古い情報から「どうせうまくいかないだろう」と決めつけていないだろうか。
(過去の私はそうでした)

「前向きに、前向きに」思い出しては気を取り直すものの、
結果はいつもパッとしない。。
今思えば、スタート時点でブレブレでしたから当たり前です。

でもある時、気づいた。
大切なことは忘れないように書いておけばいい、と。


さっきの問いを書いておくとブレない
のです。

もう一度言いますね。
(9割の人はやらないから^^)

 

問いを書いておくと、ブレない奴になれるよぉー!!^^

 

私たちはほっとくと見事なまでにブレます。
書き出すと忘れないだけでなく、
さらにあなたを突き動かすパワークエスチョンになりますよ。

 

絶対にうまくいくとわかっていたら、私は何をするだろう?

 

さぁ、方向は「うまくいく」ただひとつになった。
ならば次、何をする?

 

 

問いの3つの効果

①「うまくいく」ことにフォーカスできる

失敗を前提に置くと、失敗の現実を引き寄せます。
絶対に成功、に思考をフォーカスすることで、
迷いをなくすことができます。
(少なくとも、ノートの上では可能です)

最初に成功することだけにロックオンしよう。
まずは書くだけ。
それなら誰にでもできる。

 

②思考ではなく「行動」へのフォーカスができる

願望・理想をただボンヤリと妄想するのではなく、
「で、何をする?」と現実的かつ具体的な行動アイデアを促せます。
小さな小さな1アクションを書き出してみてください。
例えば、まず口角を上げて笑う、とか。
それなら誰にでもできる^^

 

③自己制限を外せる

私たちは「思い込み」の生き物です。
不安の9割は現実にならない、のに、
不安や妄想で「やめておこう」とチャレンジを諦めます。

絶対にうまくいく?
んなバカな、そんなありえない。
どうせうまくいくわけがない。

ネガティブな思い込みのパワーはすごい。
だから書く。
人は古から大切なこと(願いや目標、気持ち)は紙に書いてきた。

あなたのノートの全ページの冒頭に書いてみたらどう?
「絶対にうまくいくとわかっていたら・・・」
何度も書いて書いて前提を書き換えよう。

 

絶対にうまくいくとわかっていたら、私は何をする?

 

前提を確認しながら、書き出してみよう。
あなたにも、できる。

 

さいごは笑い飛ばす!


仕事でも、家族のこと、将来のことも全て、
真剣になることは大切だけど、深刻にはならないように。

最後にそのことを伝えておきたい。

悩みや心配事のほとんどは「まだ」起こっていない。
そして、実際半分も起こらない^^

まだ起こっていない(起こるかどうかもわからない)想像を
膨らませて、大切なエネルギーを消耗させてしまっていないだろうか。

 

真剣に考えることは大切だけど、
深刻になっちゃダメ。

 

深刻になると、心身が病みます。
ロクなことがありません。
自分の健康や命よりも大切な仕事だろうか?

その冷静な視点は忘れないようにしたいもの。
20代の頃仕事で結果が出ず、日に日にタバコの量が半端なく増えていた時期がありました。
たぶん顔とか今よりも老けていた。
体力、精力も落ちていた。
見た目から暗いオーラを放っていた(かも)。
(ちなみに30歳を境にタバコはキッパリ手放しました^^)

ある時わかってきたのは私の場合、口内炎が深刻サインだということです。
心身一如と言いますが、体ってすぐ教えてくれます。
いま胃の状態が良くないよとか。

深刻になると、例えば

・夜眠れなかったり、
・イライラして食欲が増加または落ちる
・喜怒哀楽が激しくなる

結果的に自分を傷つけてしまいます。
どんな仕事の危機であろうと、命をかけるほどの仕事(報酬)ではない。
そんな冷静な目線も忘れないようにしたいもの。

仕事よりも、自分の健康と命を大切にしましょう。
1度限りのかけがえのない命、ですからね。

ピンチや悩みの時こそ、
冷静に考え、できる行動をする。
その先はぜひ、
さいごは、豪快に笑い飛ばしてほしい

それを最初から決めておくのがおすすめです。

 

 

「にもかかわらず、笑う^^」

 

それができるのが、また私たち人間の素晴らしさなのです。

たとえ今回、思うような結果ではなかった。
としても、です。
あなたが真剣に向き合い、やれることをやった事実は残る。
それは必ず次につながる実績です。
周囲もそんなあなたを見ています。

「にもかかわらず、笑っている・・・^^」

どうぞ、ご参考まで。

それではまた!

 

1+