仕事

【退職・転職の挨拶へのひと味違う返し方】これをメールに付け加えるとかなり喜ばれます

この記事では、
退職や転職の挨拶メールへの素敵な返し方をご紹介します。

いやいや、しょせんビジネス関係。
「形式的メールで十分」と思われている方にはムダな内容に聞こえるでしょう。

しかし、AIがどれだけ発達したとしても、詰まるところビジネスは人間関係で成り立っていることは外せない事実です。

私は退職や転職という人生のステージを変える転機にどんなコミュニケーションを取るかってとても大事だと思ってます。

私自身も、会社という看板ではなく、個人との繋がりを重視していたからこそフリーランスになって9年、生かしていただいています。

つまり、この返信1つは、より関係を育む大チャンスなのです。

実は「あること」を言葉の贈り物として付け加えるだけで、相手にかなり喜ばれます。

ご参考になれば幸いです。

「この度、私事ですが・・・」シーズン到来

例年のことですが、「転職します」という連絡をいただく時期になってきました。

人材の流動化が進んでいる昨今、退職や転職の挨拶をもらう機会も当たり前のように増えなぁ、そう感じる方も多いのではないでしょうか。

挨拶の多くはメールでいただくと思いますが、その返答をどうしようかと悩む方もいるかと思います。

もちろんビジネス文例にあるような形式的なメールを返すだけで問題はありません。

例えばこんな感じです。

○○さま

お疲れ様です(お世話になっております)、名前です。
転職挨拶のご連絡をいただき、ありがとうございます。

○○さんには、入社当時のまだ何もできない頃から本当にお世話になり、
社会人として必要な視点や心構えを教えていただきました。

本日で退職・転職されるとのことですが、これからも変わらず
何事にも前向きな○○さんのままで、ご活躍されることをお祈りしています。

長い間、本当にお疲れ様でした。
今後もし、お目にかかる機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

ノープロブレムです。

が、しかし、です。

個人対個人の付き合いはその後も続く

たとえ所属が変わっても、個人でされるにせよ、その方との関係によっては仕事が生まれます。より面白い発展が期待できるケースもあります。
例え仕事に結びつかなくても、仕事の枠を超えた人とのご縁を大切にしていくという姿勢は大事です。

よって、私は相手の方が退職や転職という人生のステージを変える転機に、どんなコミュニケーションを取るかをとても重要だと思ってます。

私自身も、会社という看板ではなく、個人との繋がりを重視していたからこそフリーランスになって9年、生きながらえています。

つまり、この返すメール1本は、より関係を育む大チャンスなのです。

形式的に済ますのは、非常にもったいないと言えます。

返信メッセージの原則は「肯定と応援」

前提として、転職、独立、私は大賛成です。
必ず、人間が進化、深化しますから。

なので、返信における私のメッセージは、新たなステージへの「肯定と応援」です。

もちろん何事でもチャレンジというのは、うまくいくことだけではないと思います。
むしろうまくいかないことの方が多い。

しかし今「でも、やってみたいんだ」と思っていることがあるのなら、
「飛び込んでみる」のが結局正解なんだと自分の経験から断言できます。

【これからきっとうまくいく】選んだ道を正解にしていこう。「こんど、転職します。」 仕事で関わりのある方、数名から連絡を頂いた。 なぜかみんな総じて<ハイトーン>である。 一瞬驚くものの、い...

かつて私も会社員を辞めて自営業になる時は、基本ワクワクでしたが急に不安におそわれることも多々ありました。

でも、後悔はしていないんですよね、一度も。

後悔しない人生にしたい。
これは誰しもが思う、生きる上での理想なんじゃないでしょうか。

私は「あなたが選んだ道を肯定し、応援します。」
やはりそれがメッセージです。

「最後に・・・」詩という贈り物を

形式的なメールが終わるかと思いきや、最後に「あるもの」が控えています。

それは、「詩」です。
素敵な詩は世の中たくさんあるかと思いますので、自分が好きな詩を選ぶといいでしょう。

なんで詩なのか?
あなたは、今までの人生で詩を贈られたご経験がありますか?
おそらく「ない」方が圧倒的でしょう。

私自身、特段日頃から詩に触れているわけではありません。
ただ「いい言葉」を贈られることってめっちゃ嬉しくないでしょうか。
特に、人生の転機のタイミングって詩というものが染み込んでいくものです。

たいていの方が、形式的なメールで済ますところをあなただけ、たったひとり「詩」を贈り物としてメールに添える。

相手にはとても印象に残るはずです。

大事なのは、打算的にするのではなく、先に言ったとうりに「肯定と応援」があるからという温かな気持ちです。

例えメールであっても、人の気持ちは伝わりますから。

では、私だったら何の詩を贈るか、紹介します。

新たなステージへ向かう方へ贈りたいオススメの「詩」

『招待』
~ オライア・マウンテン・ドリーマー
(ネイティブアメリカンの長老)の詩 ~

ご存知でしょうか。

実は私が10年ほど前に会社員を辞める際に、あるパートナー企業の方からこの詩をいただきました。

詩を頂くのは人生で初めての経験でしたし、とにかく感動しました。
メール文をプリントアウトして大切にしようと思いました。
帰りに電車の中で何度も読み返しながら胸熱になりました。

それ以来、今度は私が新たなステージに旅立つ方へこの詩をプレゼントしようと決めて贈るようになったのです。

今でもたまにこの詩を読み返して勇気づけられています。
読むたびに贈ってくれた方を思い出します。

私は形式的な文面の後、こんな感じで続けています。

 

さいごに、、、私が好きな詩をプレゼントしたいと思います。

転職や独立など、人生の方向性を変える方に、
私がいつもメールでプレゼント(紹介)しているものです。

ちょっと長いので、時間のある時にでも読んでください。

”皆が見捨ててたった一人になったとき、
あなたの内側からあなたを支えるものは何か”

この一文が昔から大好きでして。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『招待』
~ オライア・マウンテン・ドリーマー
(ネイティブアメリカンの長老)の詩 ~

あなたが生活のために何をしているかは、
どうでもいいことです。

私は、あなたが何に憧れ、
どんな夢に挑戦するのかを知りたいと思います。

あなたが何歳かということも関係のないことです。

あなたが、愛や夢や冒険のために
どれだけ自分を賭けることができるのか知りたいのです。

あなたがどの星座に生まれたかということも
どうでもいいことです。

あなたが本当に深い悲しみを知っているか、
人生の裏切りにさらされたことがあるか、
それによって傷つくのが怖いばかりに
心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです。

あなたが自分のものであれ、人のものであれ、
痛みを無視したり、簡単に片づけたりせずに、
それを自分のものとして受け止めているか
どうかを知りたいのです。

また、喜びの時には、
それが私のものであれ、あなたのものであれ、
心から夢中になって踊り、
恍惚感に身をゆだねることができるかを知りたいのです。
気をつけろとか、現実的になれとか、
たいしたことはないさなどと言わずに。

私は、あなたの話すことが本当かどうかには
関心がありません。

私はあなたが自分自身に正直であるためには、
他人を失望させることでさえ
あえてできるかどうかを知りたいのです。
たとえ裏切りだと責められても、
自分自身の魂を裏切るよりは
その非難に耐えうる方を選ぶことができるかどうかを。

たとえ不実だと言われても、
そんなときにあなたがどうするかによって、
あなたという人が信頼に値するかどうかを知りたいのです。

私は、あなたが本当の美がわかるかを知りたいのです。

それが見た目に美しく見えない時でも、
毎日そこから本当に美しいものを
人生に汲み上げることができるかどうかを。

私は、あなたがたとえ失敗しても、
それを受け止めて共に生きることができるかどうか、
それでも湖の縁に立ち、銀色の輝く満月に向かって
イエスと叫ぶことができるかどうかを知りたいのです。

あなたがどこに住んでいるか、
どれだけお金があるかはどうでもいいことです。

それよりも、あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ、
どんなに疲れ果てていても、また朝が来れば起き上がり、
子どもたちを食べさせるためにしなければならないことを
するかどうかを知りたいのです。

あなたが誰を知っているか、
あなたがどうしてここへ来たかは関係ありません。

私とともに決して怯まずに
炎の只中に立つことができるかどうかが知りたいのです。

あなたがどこで、何を、誰と勉強したかは
どうでもいいことです。

私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になったとき、
あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。

私はあなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を
心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

またお会いしましょう!

こんな感じです。

メールを長々と送るのは、通常であればNGです。
中には文量の多さに引いてしまう方もいるかもしれません。

しかし、新たな人生のステージに向かう人への「肯定と応援」ならば、マナーを超えた嬉しさとなるのではないでしょうか。

ひと味違うメールの返信に。
よかったら参考にしてみてください。

 

①退職、転職の挨拶メールへの返信は形式的で十分
②だが、個人として関係をより育む大チャンスであると心得よう
③挨拶への返信メールに「詩」を贈り物として付け加えるというのはどうだろうか

おそらくかなり喜ばれるはずです。

 

後悔しない人生にするために、キャリアについて考えてみる機会は大切ですよね。
キャリアにもっと納得感を。【ニューキャリア】

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA