Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
思考整理

「いま、何がダイジ?」という口グセは緊急時にこそ役に立つ

久々に目が覚める出来事がありました。

用事があり近所の某イオンまで車で向かっていた時のこと。

午前中の天気は荒れ模様で、雨風ビュービューでした。
大通りからイオンの駐車場への入り口に入るため、
そろそろ左折ウインカーを出そうかと思ったその瞬間。

私の前を走っていた車がちょうど左折しているところへ、後ろを走っていたバイクがぶつかったのです。

「バーン!」ですよ。

「ドーン!」ですよ(どっちやねん)

そう、私の目の前で交通事故。
ビックリです。

(もう、バーンとかドーンとかビックリとか小学生みたいですが・・)

バイクを運転していたおばさん、道路にうずくまっています。
当たった車の運転手もおばさんでしたが、
何が起きたのか分からないのかもしくはパニックになったのか、ぼっ〜と立ったまま。

近くで目の当たりにした私も数秒間、思考が止まってしまいました。
「えっ!えっ?」ですよ。
でも、パニック的に思考が止まった時こそ、口にしたい言葉があります。

 

 

『いま、何がダイジ?』です。

 

ビジネスパーソンのよくある悩みで、
「優先順位を付けるのが苦手」
と言っている方への”おすすめの口グセ”です。

 

思考はスキルより実は「口グセ」なのです。
スキルというとカッコよくなりますが、クセづけなのです。
口グセこそ思考のトリガーになります。

誰にでも口グセってありますよね。
口グセで思考力が高まるならやってみませんか?

 

 

いま、何がダイジ?
いま、何がダイジ?
いま、何がダイジ?

・・・・私は毎日、使っています。
ダイジなことへ思考をフォーカスさせていけます。
仕事の段取りを付けていく際には必ず、です。

 

 

***

ハッと我に返った私、
「いま、何がダイジ?」と自問しました。
日頃の口グセは緊急時にこそ、役に立ちます。

・・・人命救助だ。

 

こういう時って、優先順位とかどうでもいいんですよね。
必要なのは最優先を決めること。
2番とか3番なんてどうでもよくて、1番を決める。
そう、最優先を決めて即、動くこと。

ハザードランプを付けて雨風ビュービューの中、
車を降りて倒れ込んでいたおばさんに近づきました。

「大丈夫ですかー!?」と声をかけ、
(年末にテレビで見た警察24時を思い出しました)

ゆっくりと起き上がるのを手伝い、
倒れたバイクを起こし、路肩に寄せました。
バッグの中身も散乱していたので拾う手伝いもし、

ちなみにそんな時でも、車の運転手は何もせず。

倒れたおばさんも痛みとパニックで興奮していたようで、
運転手に向かって【文句系のこと】を何かブツブツ言っていました。

幸いにも大きなケガはないようだったので、
あとは当事者同士で、と私は自分の車に戻りました。

 

 

***

今も思い出すと、やや胸がドキドキします。
交通事故は誰にでも起こりうること。
私もよく車を運転するので、改めて気を付けたいですね。

そして、後から気づいたのですが、
とっさに近寄って救助やサポートをした人って私だけでした。
(他にも通行人とかいたんだけどな・・・)

緊急時って人はとっさに動けないものなのでしょうか。
あるいは目の前でも他人事は他人事なのでしょうか。
見て見ぬふり、してしまうのでしょうか。
(ともすれば、私もその一人だったかもしれませんが)

服はびしょびしょになりましたが、
「いま、何がダイジ!?」
と思考を止めずに行動できたのは、我ながらよくやったと思います。

繰り返しますが、思考はスキルより「日頃の口グセ」です。
あなたも最強の口グセを探してみてくださいね。
よかったら、「いま、何がダイジ?」も使ってみてください。

 

仕事や対話、さまざまなシーンで役に立つはずですから。

あと、今年も交通安全でいきましょうね^^

それでは、また!

 

 

 

 

PS、
どうでもいいのですが、
用事というのは「スマホ」の手続きでした