Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
仕事

課題じゃなく壁、壁は必ず乗り越えられる

昔コンサル会社に勤めているとき、
毎日「課題」というワードを耳にし、自ら口に出し、
パワポに打ち込んでいた時期がありました。

あの課題はどうなった?
それは新たな課題だな。
そしてぼくもあなたもチームも課題だらけ。

そう、365日毎日が課題だらけでした(笑)。

課題がないと商売にならないので、
仕方がなかったわけですが、正直疲れます。

実は、当時からうっすら感じていたものの、
当たり前だと思って口にしなかったことがあります。

それは、、、

「課題」といった瞬間、なにかじぶんの気持ちがスッと離れてしまうことです。

課題って言われて、元気出ます?
むしろエネルギーが減る感覚になりませんか。

そもそも実はちょっと意味わからなくないですか?
(いや理屈アタマでは分かるんですけどね)

たまにそういう感覚になる言葉ってあります。
問題解決、とかもそう。

「問題解決!」と言って解決した記憶がほとんど、ありません。。

理屈では分かるけど、なんかじぶんの肌になじまない言葉。

なので、ある時からぼくは課題というワードを一切使わなくなりました。

その代わり、シンプルに「壁」と表現するようになりました。

画像1

壁、これです。

課題ではなく、壁。
壁ってイメージが持ちやすくないですか。

人が何かに向かって前進しているのをさまたげる壁。

「この壁にどんな名前をつけましょうか?」
こんな感じでいつもお客様と話していました。

◯◯の壁、というように。

そして、ここが大切なのですが、
壁は必ず乗り越えられるっていう前提にするのです。
意外と壁って小さいんですよ、と。

課題だとちょっとどうなるのかわからないけど、壁は必ず乗り越えられる。

必ず、です。

前提次第で心の構えは変わるものです。

なんなら、乗り越えるんじゃなくて、
横からヒョイって向こうに行けたり、はしごを使おうとか、
実は壁に扉がついていて、鍵があればカンタンに開けられるとか。

壁だと思っていたら、本当は透明だったとか(笑)。

アイデアの出方すら変わるってことに気がつきました。

たとえば、早起きがモットーのぼくですが、
最近布団の温かさで朝起きるのがちょっと辛くなってきました。

この場合、早起きが課題だ、とかいうんじゃなくて「早起きの壁」。

課題だと一生言い続けている気がします。

今、あなたにはどんな壁が見えていますか?

「そんな壁、カンタンに乗り越えられるぜ!」ってまずは思ってしまえばいい。

そう、ぼくもあなたもカンタンに乗り越えられる。

この構えを作ってしまいましょう。

また、ともに前進できるはずです。

それでは、また。