思考整理

人生は前提の置き方次第

つくづく人生は前提の置き方次第なんじゃないかと思うのです。

たとえば、「わかりません」もしくは「むずかしい」という言葉。
大学生からおじさんまで、定番のセリフですよね。

これらを言ってしまうと、思考はあっさり閉じてしまいます。
「あ〜あなたの為にもう考えなくていいのね、ほな寝るわ」と。

できるだけ言わないようにしたいものです。

もしも、ポロッと言ってしまい思考が閉じそうになったら、すかさずこう言い直しましょう。

「もし、わかるとすれば(なんだろう)?」
「もし、簡単だとすれば(なにをする)?」

こんな感じで、わかる、簡単だという前提に書き換えてみるのです。
すると不思議、何かアイデアやアクションが出るものです。

まったくのゼロで立ち止まっているのか、小さな1歩があるのか、大きく違います。1があれば、2が続きます。

「もし、わかるとすれば?」
「もし、簡単だとすれば?」

じぶんに対して問いかけてみてください。
もちろん、誰かが行き詰まっている時にも使えます。

相手の鉄壁なディフェンスの間をすり抜けるスルーパスのような問い。
一瞬で前提を変えられます。

そう、人生は前提の置き方次第なんじゃないかと思うのです。

自信がないと感じているなら、自信があるということにする。
お金が稼げなくて悩んでいるなら、稼げているじぶんということにする。
豊かさを得たいなら、豊かさに包まれているということにする。

私は素晴らしいということにしておく。
愛されているということにしておく。
毎日が最高ということにする。

その前提を持つじぶんなら・・と考えてみるのです。
思考って、プラスに使うとどんどんプラスが加速していきます。

 

大好きなエピソードを1つ紹介します。
あの大ロックミュージシャンの矢沢永吉さん。

彼はかつて知人に裏切られ、35億円もの借金を背負ってしまったことがありました。のしかかる絶望感と借金のプレッシャー、マスコミの大バッシングを受ける矢沢さんを前に、当時奥さん(税理士さんという説も)が矢沢さんにこう言ったそうです。

 

「35億?ヤザワなら、返せない額じゃないよね」

 

え、35億が返せない額じゃない?
ヤザワなら、できないはずがない・・・?。
もし、返せるならオレは何をするだろう?

そこから、矢沢さんは全国ツアーであの「YAZAWAタオル」を販売するというアイデアを見つけます。

結論、彼は見事に借金完済。

 

時々このエピソードを思い返しながら、励まされます。
前提次第で人はじぶんの人生を変えていけるのだと教えられます。

但し、注意したいのはプラスだけではなくて、マイナスも同様ということ。
たとえば「私はダメな人間だ」という前提にすれば、いくらでもダメが加速していくのです。

「もう、やめとこ」「もうムリ」「あきらめよう」になるでしょう。

要はどちらに前提をフォーカスするのか、です。
どちらの前提にじぶんを置くのか。
それだけのシンプルな話。

もしもそれをじぶんで決めていいとしたら、どっちにしますか?

前提の置き方は至ってシンプルな言葉です。

「もし◯◯だとすれば」


「◯◯ということにする」

 

今日のあなたは素晴らしい。
ぼくも素晴らしい。

(ということにします!)

たったこれだけでも気分良くないでしょうか。
素晴らしいあなたは今からどんなことをするのですか。

こんな感じで毎日どんどんプラスを加速させていきましょう。

それでは、また。

 

 

 

永ちゃん、何歳になってもカッコいい!

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA