Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
仕事

なにかうまくいかない時の3つの処方箋

誰にでも「なんだか思うようにいかない」
そんな時ってあります。

私もいまだにしょっちゅうあります。
若い頃はくさったり、誰か他人や環境のせいにしていたものです。
(ますますうまくいかないんですけどね)

でも、思考整理の習慣をするようになって気づけたのは
こんなことでした。

今日は3つの処方箋と題して。

 

処方箋その1:見る方向性を選ぶ

うまくいかない時、心理的に「なんでだろう?」「なぜ?」と
私たちは「過去に」心が向かいがちです。

ここがポイントで、

【過去を見るか、未来を見るか】実は選べるのです。

どっちを見たいですか?
紙に書けば選びやすい。

なんとなく過去を見たければ、ひたすら原因を探りましょう。
しかし、ほどなく過去に飽きてきます。
過去を明らかにしたところで、過ぎ去ったことはどうしようもないので。

そうしたら、次に「未来は?」と書きましょう。

併せて、どうなったら最高?と書いてもGOODです。

書くだけで、心も未来に向かいます。

未来を見る方がいいんですよね。
未来の可能性を考える方がいい。

もう一度理想の状態を確認した上で、今からの行動修正をする。
見る方向は選べます。
シンプルです。

 

処方箋その2:凡事徹底を見直す

なぜうまくいかないのか?
理由は色んなことがあると思いますが、
経験上、キホンが抜けていることが積み重なっています。

以前、「単純だけど大切なことシリーズ」という記事を数本書きました。

単純だけど大切なこと【10の黄金チェックリスト】・なんか仕事の調子が出ない。 ・人間関係で疲れている。 ・最近、気分が重い。 そんな時、あなたには何か【じぶんが立ち返る基本となるコト...

「ゴミが落ちていたら拾う。」

そんなささやかな行動です。

当たり前なことを、人は時にめんどくさかったり軽視して怠るものです。
怠ったことすら気づいていないことも。

しかし、その微差こそが結果が出ない原因なんですよね。

だから、忘れないようにリスト化するとか、
定期的に振り返りをするって大切なのです。

リストを見て、自分に問うわけです。

「これどうする、やらない?やる?」

自分で選べるわけですね。

 

言わずもがな名著。3ヶ月に1回は読み返しています。

 

処方箋その3:ほんとうのゴールを見直す

うまくいかない、というのは、前提として「うまくいった状態」があるはずです。
目標だったり目的です。

ひっくるめてゴールとしましょう。

ゴール=ある時点の未来像です。

まずそれが描けているか?

なければ、描きます。

問題は「一応ゴールは設定しているよ」という場合。

この問いかけが有効です。

 

「そのゴール、心から達成したいと思っている?」

 

いま「・・・No」という声が聞こえました(笑)。

それだ。

やはりゴールが心から達成したい、実現したいと思えなければ、
力も集中力も、アイデアも生まれませんよね。

ではどうするか?

ゴールを描き直す。
シンプルです。

「自分はそもそも何がしたいのか?」

 

ついに、この本丸の問いに向き合うタイミングが来たのかもしれません。
ちなみにゴールも自分で選べます。

意外と知られていない事実ですけど。

ぜひ、紙とペンを用意して、手を動かしながらゴールを選んでみてくださいね。

 

まとめ

①処方箋その1:見る方向を選びましょう
②処方箋その2:凡事徹底を見直す
③処方箋その3:ほんとうのゴールを見直す

どれもメモ書きしながらやるのがおススメです。
うまくいかない時ほど、手を動かそう。
人は手で考えるのです。

それでは、また!