Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
仕事

自分の人生の目的を見つけたいなら、目的を探さないこと

「そもそもあなたは何がしたいの?」

イタタタ。。
この質問をされると胃がキュッ〜と痛くなる。
それが大事な問いだってことぐらいわかっている。

ぼくだって即答したい。
できる自分がいたらなと思う。

目的という言葉の意味はわかるんだけど、
では、じぶん自身の目的が「何なのか」となると、急にレンズが曇る。

わからないまま走っているんだよ。
もういい歳してさ。
一体どこに向かっているのか・・・。

そんな悩みや不安、あせりを感じたことってないでしょうか。

ぼくは30代半ばまでずっとこんな感じでした。
軸がないというか、方向性がないというか。

「じぶんの人生の目的はいったいなんだろう?」
いくら考えても見つからなかった。

目的を見つけるってムズカシイ・・・。

でも、少し視点をちょっと変えるだけで、実は目的って見出せることに気がついたのです。

人生の目的、一緒に見つけていきませんか?

そんなヒントをお話しします。

 

 

結論を言うと、目的を見つけるためには、目的自体を探さないことです。

その代わり、先生を見つけましょう。

「目的」そのものではなく、「ひと」を探すのです。

この人から人生を学びたいという先生が見つかると、自分自分の目的が見つかる

あなたが今何歳だろうが、先生を見つけることはできます。
どんな分野でも、仕事でも趣味でも、先生を見つけることはできます。

先生かどうかは、あなたが決めればいいことです。
年上か年下か、男か女か、資格があるかどうかは関係ありません。

その人が歩んでいること、目指していることを理解し、真似る。



そこからはじめるのです。
最初は先生とまったく同じでも構いません。

先生の目的をなぞりながら、次第にじぶんなりに方向づけしていくと思います。

気がつくとじぶんの目的になっているでしょう。

 

 

ぼくの場合、先生と心の中で呼んでいる人は数名います。
人生の目的に最も影響した方といえば、あるひとりの作家の方です。

もうシンプルな実践でいいんじゃない?
ブレずに1つのことをやったら?

カフェでもらったこのひと言がぼくの背中を押して、独立に至りました。

その後「シンプルに考え、動ける人を増やす」というマイミッションにつながりました。

実際彼のことを先生と呼んだことはありません。
でも、心の中ではいつも「先生」なのです。

彼が理想とする生き方、考え方に首がもげそうなほど共感したのです。

出会いが、ぼく自身の目的にまでつながっていたわけです。

人との出会いは目的をつくり出す

その先生とは数年お会いしていませんが、今でも「先生」です。

 

目的ではなく、魅力ある「先生」を探してみる。

その方が、なんかグッと動きやすくなると感じませんか?

 

「あ、この人なんかいいな。」

それ、先生かもしれませんよ。

 

それでは、また。