健康習慣

筋肉が硬くなっていくもうひとつの理由

長時間のデスクワーク、いやはや腰や背中が固まります。
肩こり首こりに長年悩まされている人も多いでしょう。

 

なぜ人の筋肉は年齢を重ねれば重ねるほどかたくなっていくのでしょうか?

 

「そりゃ運動不足だからさ。」

 

そんなもう話が終わりそうな答え以外にも、

 

ぼくはもうひとつの理由があると思うのです。
(理由に医学的根拠とかありません。単なる仮説です)

 

 

人生で経験する辛かったこと。
いやな思い出、その時の感情。

そういったものを筋肉くんたちは取りこんで、封じ込めてきているからなのではないか、と。

 

あなたの心をストレスから守るために。
日常生活をできるだけ楽しく健康に過ごせるように。
悲しみがあふれ出ないように、筋肉は取り込んでじぶんを守ってきている。

 

だから、歳をとるにしたがってかたくなってくる。

 

そもそも赤ちゃんのとき、身体はふにゃふにゃとやわらかい。
一方40歳を超えたあたりから、一段と身体がガッチガチになってきます。

 

ぼくもしかり。
もうガッチガチです。
この腰あたり、いろんなものが刻まれているのかもしれません。

 

 

以前、知り合いの整体師に身体を調整してもらっていたとき。
施術中、目をつぶってリラックスして身を完全にゆだねていました。

 

上半身をゆらゆらとやさしくゆらされていたとき。
とつぜん小学校の時のいやな思い出がよみがえってきてちょっと恐くなった経験があります。

 

思い出といっても「すっかり忘れていたこと」なのです。

 

整体師いわく、

「人はリラックスして筋肉のこわばりが解消されると、忘れていたマイナス感情や思い出が一気にあふれてきてしまうことがあるんだよ」と。

涙がボロボロ出てくる人も中にはいるそうです。

 

ぼくの大腿四頭筋が昔からどうしてこんなにがっちりと太いのか、その理由がわかった気がしました。

 

 

聞けば人間の身体には、600以上もの筋肉があると言われます。

その筋肉たちは、いわば過去のストレスを取りこんできた戦士なのです。

さまざまなマイナス感情からあなたを守り抜いてきた。

明日もこれからも、筋肉たちは大切なあなたを守るでしょう。

 

この一番身近にいる筋肉たちに感謝をしなければなりませんね。

 

今夜はやさしく伸ばしたり、さすったり。

 

徐々に筋肉くんたちをゆるめながら、これまで刻まれてきたストレスをすこ〜しずつ放出してあげたいと思います。

 

それでは、また。

 

 

超おすすめ!これ1本で筋膜リリースがいつでも楽にできます。
プレゼントにも良いと思います。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA