仕事

【講師の方は必見!】たった3分で魅力的な声になれる方法とは?

この記事では、

・話す仕事をしてるけど声に自信がない
・面接が不安
・何を言っているのか分からないと言われて悩んでいる
・とにかく魅力ある声になりたい!

 
そんな悩みを抱えたあなたに向けた記事になります。

もしもたった3分で魅力的な声に変わる方法があるなら興味ありますか?

実は、意外とカンタンな方法でなれるのですよ。

別に講師をしている方だけではなく、これから面接を控えている就活生や転職を考えている方にも参考になるかと思います。

では解説していきます。

「声」ってめっちゃ重要です

私は企業研修の講師を専業にして9年目になります。
(その前は会社員として10年間、企業研修を売ったり、やったり)

現在はシンプルで誰でも簡単に思考整理ができるメモ術を中心に、「伝える」仕事をしているわけですが、よく「声」を褒められます。

先日も、某大学で特別授業をしてきました。
大学の副学長(女性の方)が見学をされていて、授業終了後ツカツカと私に寄ってきまして第一声が、

 

「声、すんごくいいわ〜」

 

でした(笑)。

授業の内容ではなく、声。

でも、こういうケースは1度ではありません。

企業研修をした際にも、終了時に書いてもらうアンケートには、

 

「声が聞き取りやすかった」
「通る声で内容が入ってきやすかった」
「話すテンポが良かった」

要するに、「声がいい!」

 

ええっと内容は・・?と一瞬思うのですが、声の印象がどうやら強く、その声のおかげで内容も記憶に残るようなのです。

 

講師にとっては、声ってめっちゃ大事な武器になるのです。

 

逆に「何を言ってるのかよく聞こえない(=わからない)」
そう思われたらアウト。

 

参加者の集中も途切れ、どんないいコンテンツだとしても何も刺さらずじまいです。

 

講師だけじゃなく、何かを声で伝える情報発信者はすべて声が大事。

 

そう言っても過言ではないと思います。

 

自分の声の印象を最大限よくしていくこと。

 

内容が同じでも、声によって相手の受け取る印象は異なります。

「よろしくお願いします」とこもった声でモゴモゴ言われるのと、

例えば、福山雅治さんのような声で爽やかに言うのでは印象が全く変わりますよね。

 

見た目を福山さんにしていくのはほぼ無理です。

 

でも、声は変えられます。

 

大事なことなので、もう一度言いますね。

 

声は、より良くしていくことができるのです。

 

では、どうやって変えていくのか?

「こまさん、声のために何かしているのですか?」

よく聞かれます。

「え〜何もしてないですよ。」

そう答えてきましたが、実はウソです。

本当はあれこれやってきました。。

何かと研究し、試してきました。

 

以下、大きく3つの実践をご紹介しながら、結論はこれ!を紹介します。

 

ボイストレーニング教室

世の中には昔からボイストレーニングの教室がたくさんあります。
そういったところに通うのもありでしょう。

たとえば、こんなところがあります。
実は主要な駅前にはほぼあったりします。
プロも通うボイトレスクール「ナユタス」!今なら入会金10,000円が無料!

立地は抜群なので、仕事帰りにも通いやすいでしょう。
通いやすいから上手くなる【リズムセブンアカデミー】

体験は無料なので、興味があれば気軽に行かれてみてはどうでしょうか。
やはりプロから直接教わることには価値があります。

 

ただ、しっかり学ぶとすれば多少の投資と継続は覚悟しなければなりません。

 

実は私もかつてちょっとだけ通ったことがあります。
確かに悪かった滑舌の練習には効果がありました。
声の出し方も理屈で丁寧に教えてくれました。

 

ただ、仕事で忙しかったりすると通わなくなり、結局続きませんでした。
英会話教室しかり、ジムしかり。
教室というのは通い続けるのが難しい側面があります。

でも無料体験はオススメです。

 

書籍やユーチューブなどで独学

熱心な方はできるでしょう。

 

私も何冊か購入して、習慣に取り入れようと試したことがあります。

ボイトレ系の本は世に何冊も出ています。
大型書店に行って、立ち読みして合いそうなものを選ばれるといいと思います。

あくまで個人的にわかりやすかった2冊を紹介します。

抑揚とリズムが良くなる練習方がわかりやすかった一冊です。

ここで紹介されていたマスクをしながらできる舌トレは今でもちょいちょいやっています。

他にもわかりやい本をいろんな方が出されています。

当たり前ですが、本を読んで知識を得るだけでは声は変わりません。
日常でのトレーニングが何より大事。
成果につながっているものもありますね。

 

今でも講師をする前に、発声や早口言葉を言ったりしています。
「らりるれろ」を10回続けて言うとか。
 

個人的には、独学でも十分声に変化が出ると思います。

 

なんでもそうですが、何かを得たいという強烈な目的意識があれば、本1冊で人生は変わるでしょう。

 

1つでも、2つでも書かれていたトレーニングをコツコツ毎日やること。

 

ただ、これも継続が大事。
すぐに大きな変化は望まず、コツコツやることです。

 

グッズ

さて、最後に私の本丸をご紹介します。

結局、今のところ行き着いたのはコレなんです。

結論、たった3分で今よりイイ声に変わります。

 

・声量UP
・声の魅力UP
・通る声に

 

なります。(もちろん個人差はあると思います)

 

オイオイ、月謝払ってあの教室でやったことは・・・

 

何冊も読み込んでやり抜いた数々のトレーニングは一体・・・

 

もちろん無駄ではありません。
そこにも意味はありましたよ。

 

でも、いかんせんカンタンに声を変えられるのがこのグッズ。

 

何かをしながらできる、しかも1日たった3分程度で十分。

 

となれば、今のところ私にとってはコスパ最高なのです。

 

 

はよ紹介せいや!
だと思いますので、紹介しますね。

 

ズバリ、これです。

ウルトラボイスというグッズです。

価格もわずか2千円弱程度。

 

この長いマウスピースのようなものを口にくわえて、「ウー」と強めに発声するだけ。

 

シンプルでしょ。

 

研修講師をする前とか、自宅でオンライン講座なんかをする前にも使います。

 

これをすると、端的にいえば「腹式呼吸」になります。
つまりお腹から声を出せる状態になるのです。

 

腹式呼吸は、声だけでなく緊張を和らげて柔和な表情にもなります。

 

講師をしている人とって落ち着いた表情ってこれまた大事だったりします。

 

 

ちょっと朝起きて今日は声が出ないなぁという時なんか、効果を実感しやすいと思います。

 

ちなみに、表情筋や腹筋(インナーマッスル)も同時に刺激されるので鍛えられますよ。

 

ね、コスパいいと思いませんか。

 

わたしは毎日、3分「ウー」と唸っています。

 

こういったボイトレグッズって検索すれば様々あります。

 

いろいろ試してみるのもまた面白いと思いますが、それらの中でもウルトラボイスは手頃な価格で、一定の効果がすぐ出る優れものだと思います。

 

取り急ぎ、いい声を手に入れたい!

 

そんなわがままな欲望に応えてくれるグッズなのです。

 

 

 

声で人生は変わるのか

声で人生は変わります。

 

ちょっとそんな大げさな、と思われるでしょうか。

 

しかし、声って相手の印象に深く刻まれます。

 

私は「いい声」を手にしてから、相当自分に自信を持って仕事に取り組むことができました。

 

現在のようなオンラインでも仕事をするようになると、ますます声の重要性は増してきます。

 

筋トレをするように、声も鍛える。
肌のケアをするように、喉のケアも怠らない。

 

そんなことが当たり前になる前に、こっそり喉トレを早速スタートしてみませんか。

 

近々、人前で話す講師はもちろんですが、

 

来週に大事なプレゼンがある。
来週に大事な面接が控えている。
近々、彼女にプロポーズする。

 

とかとか。
何か大切なことを自分の声で伝えなければならない人すべてに「ウルトラボイス」をやってみてほしいと思います。

 

声に自信を持つのは3分あれば十分。

 

自分に自信がないと思っている人。
「声」を磨きましょう。

 

一生使う「声」をより魅力的にしていきましょう。

 

ぜひ家で「ウー!」と唸ってウルトラボイスで次の勝負に出てくださいね。

 

応援しています。

 

それでは、また。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA