Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
メモ書き

過去のノートを開くたび、じぶんに惚れなおす

「やっぱり自分って素晴らしい!」
そう認めてしまうことって、すべての土台になります。

そのことを何度でも思い出せたらいい
ほんとうは、ぼくらは知っているのです。
気づいているんですよね。

じぶんって素晴らしい奴なんだ、って。

まだこれといった実績がなくても。
なんにも特技がなくても。
運動が苦手でも。
モテなくても。

なにもない自分に惚れるのです。
まさに自惚れ(うぬぼれ)です。

人はさまざまなことで悩みます。
ときに腹を立てたりします。

「上司はじぶんのことを分かってくれない」
「誰々が私のことを粗末に扱う」
「批判された」

そんな時ぼくらがどうして悩み、腹が立つか、ショックを受けるのかって、
じぶんがじぶんのことを「素晴らしい」とほんとうは思っているからこそ、なのではないでしょうか。

 

他人にわかってもらえたら嬉しいけど、それをいつまでも期待するのではなく、じぶんでじぶんのことを素晴らしいと認めて、もっともっと大事にする。

そっちに愛情とエネルギーを注ぐのです。

 

「色々言われた、、、でも、じぶんは素晴らしい。

 

何度でも、使えるフレーズです。
最後は肯定で終えるのです。
それだけで、感情は変わります。

ぼくはノートの余白にいつもこう書いています。

 

「あなたは本当に素晴らしい!」
「ロックだぜ!」
「サイコーだ!」

 

過去のノートをパラパラめくるたびに、そのフレーズがいちいち目に止まります。
「ハッ!そうだったそうだった」とほんの少しだけ勇気づけられ、じぶんに惚れ直すきっかけになります(笑)。

こんなちょっとした仕掛けをバカにせず(してもいいけど)大人の落書きだと思って楽しんで仕込んでおくのです。

よかったらあなたも今日のノートの余白に未来のタネを植えるつもりで書いておいてください。

 

「あんた、最高に素晴らしいぜ!」って。
(じぶんのお気に入りのフレーズでいいですよ)

 

いつか、それをみた時に「おおっ!そうだぁ!」ってなりますから^^

ぼくもあなたももうすでに最高なんです。
そこからモノゴトはじめていきましょう。

それでは、また。