仕事

講座中、参加者にお詫びする

前回した私のアドバイス、実は間違っていました。
Oさん、申し訳ありませんでした。
ほんとうに、
ほんとうに、私が伝えたかったことは・・・・

 

ブレストのまとめ方についての質問の回答を思いっきり間違えた件【反省】。 『ブレイン・ストーミングとは?』(略してブレスト) リラックスした雰囲気の中で脳と脳をつなぎながら、 アイデア創造していく話し合いの...

 

昨日は某企業での3回シリーズの講座の最終回。
その講座中に、私は謝った。
やや唐突だったかもしれない。

ブレストのまとめ方?
別に色々あっていいし何でもいいやんか、
スルーしてもなんら問題はないよ。
Oさんも私が1ヶ月も前に言ったことなど忘れているよ。

 

でも、、、
私は自分に伝えるべきだろ、と自らを諭していた。

なぜか。

自分にも関わる人にもウソつく事なく、
本心で関わっていく仕事(生き様)がしたくて、サラリーマンを辞めたのだから。
そしてたぶん、ここで訂正しなければ後悔するだろう。

 

 

「どうか、諦めないでくださいね。」

 

 

うむ、言えた。
理屈でもなく、スキル知識でもない。
ただの応援^^

伝えた数秒後。

クールビューティーな彼女の表情がふにゃふにゃに
なっているのが、ZOOMを通して見えた。

・感謝の言葉。
・今もっとも欲しかった言葉だったこと。
・そして、諦めずにやってみる。

そんな嬉しい反応が返ってきた。

私の喉に刺さっていた魚の小骨がスッと抜けた気がした。

 

***

 

その後、聞いた。

新規サービス開発の部署にいる彼女には、
実はある新商品アイデアがあるのだ、という。

しかし、その企画は何度か上司に却下された。
社長にまでNOを言われた。
もはやこれまでか。

先月はそんな諦めかけていたタイミングだった、のだと。

 

私のささやかな応援がどれだけ影響があるかはわからない。
蚊に刺された程度かもしれない。

しかし、これからも出会った人を私は大切に応援していきたい。

研修がもはや情報提供の場として価値を失った今、
提供すべき新たな価値は、プロからの「応援」なんじゃないか。

 

そう、<100の情報より1つの応援^^>

 

 

私は大切な人たちを全力で「応援するため」に、
これからもプロとして理論武装していくぜ^^

 

***

 

決断に迷った時に、いつも自らに問いかける質問がある。

「自分が今やろうとすることに誇りを持てるか?」

誇りがピンとこなければ、

「その自分が好き?」でもいい。

この問い、試してみてね。

 

そして、誰かを思って”本当のこと”をやろうとすると必ず勇気がいる。

そのことに気づき、躊躇してしまうかもしれない。

 

でも。

誰かのために出す勇気は、
自分だけではなく関わる人たちへ、
深〜く伝わる「最高の贈り物」になるはず。

だから勇気は出し惜しみせず、思いっきり出そう^^

 

人生を大切にしていくってそういうことなんじゃないのかな。
ささやかな気づき。

 

私はそう信じて勇気を出し続けます。
あなたも頑張って^^

 

それではまた!

 

 

***
よかったらZOOMでお話してみませんか?
毎週水曜日の朝7時〜「メモ活オンライン」をしています。

詳細・申し込みはPeatixより
https://peatix.com/event/1693920?utm_medium=web&utm_source=results&utm_medium=%3A%3A%3A2%3A1693920&utm_campaign=search

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA