仕事

仕事の流儀

ここのところ、ずっとZOOMで大学の授業や社会人のワークショップをするのが当たり前になっている。

でも、先日は事情があり久々に某大学の教室に出向いた。

案の定、キャンパスはがらんとしていた。

大学の要請で、生徒はみんな自宅から授業に参加。

結局、大学の教室で、ポツンとひとりZOOMでつないで授業をした。

人生でこんなシーンはまさか想像していなかったなぁと思いながら・・・

 

しかし、どこでやろうが、オンラインだろうがオフラインだろうが、私は講師という仕事をする上で、一番大切にしていることがある。

 

誰よりも、私自身が楽しむこと

 

カッコよく言えば、私の仕事の流儀。

一般的に顧客視点ってビジネスでは大事と言われる。
でも顧客視点って何なのさ、とさまよっているくらいなら、まずじぶんが楽しんでみたらどうか。

「なんか知らんけど、この人めっちゃ楽しんでるな〜」と思ってもらうくらい。

自分が楽しければ、相手も楽しくなってくる。
そうか、学ぶって楽しいことなんだ。
またこの人に会いたいなぁ。

 

そう思ってもらえたら最高だ。
講師業は感化業なり。
その授業も、笑いながら終えた。

 

そう、なんでも楽しめる自分になること。
いつも次を楽しみに生きること。
生きていれば笑えないこともたくさんあるけど、これが人生で大切なんじゃないか。

 

大人のひとりとして、若い人に手渡していきたいメインメッセージだ。

 

今からはるか2500年前、すでにあの孔子も言っている。

人生ってさ、やっぱ「知より、好。好より、楽なんじゃね?」って。
(決してそんな言い方ではないと思うが)

仕事で言うなら、
仕事を知っているだけの人は、仕事を好きな人にはかなわない。
さらにその仕事を好きなだけの人は、仕事を「楽しんでいる人」にはかなわない。

 

今やっていることを、いつもよりほんの少しだけ楽しんでみよう。
そして明日を今日よりも楽しみに。

 

帰宅後、生徒の授業コメントを見た。

先生が一番楽しんでいて好感が持てた。
来週も楽しみでーす。

文面はかなり軽いが、嬉しいコメントだった。

そう、それでいい。

 

今度、あなたの仕事の流儀を聞かせてくださいね。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA