Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
仕事

一発逆転より、小さな好転を

スポーツやドラマにはしばしば奇跡の逆転劇があります。
観ているものを大興奮させる瞬間。
感動しますよね。

 

奇跡の逆転劇を自分の人生に重ね合わせたりしながら、
人は明日への勇気や希望をもらいます。

 

「逆転。」
いや〜この単語を聞くだけでなぜか心湧き上がるものがあります。
ロマンを感じますよね。

 

しかし、40数年も生きていると、
じぶんの人生にそれを期待することはありません。

それよりも「好転」させようと思います。

 

一発逆転より、小さな好転を。

 

今日はこのことを書きたいと思います。

 

人生の大事な基本


今がどんな状況であれ、昨日よりもより良い1日にしよう。

この小さな決意をすることから、なんだと思うのです。
未来を変えたいなら。

 

より良い1日にする。

 

そのために、毎日1センチでいいから前進する。
5分でいいから早くする。
3回でいいから増やす。

 

今日、自分で決めた(ちょっとした)基準を超えてみるのです。

 

たとえば、僕の場合ですが、

・起きる時間を10分早くしよう。
・いつもあまり噛まずに飲み込むので、一口30回数えてみよう。
・Sさんの無理矢理な要望にも笑顔で対応しよう。
・〆切ギリではなく、1日前倒しで企画書を出そう。

これを前日にメモしておきました。

で、先ほどほぼ完了したところなのです。

 

(はずかしいほどの小さなハードルです)

 

でも、これでいいと思うのです。

ひとりガッツポーズができること。
こっちの方が大切。

 

自分で決めたことを、超える。
そのプロセスって、ちょっと自信になるし、充実感を覚えます。

 

「あ、なんか決めたこと、できた^^」
1日の中で幸せを感じられたりするわけです。

 

オススメ!ちょっとづつ戦法

ちょっとなので、簡単にクリアできる。
そういう低いハードルにするのがポイントです。

 

大事なことは、日常に溢れている自分の「当たり前」を上手に上げていくことなんじゃないでしょうか。

 

能力、環境の差よりも、「何を当たり前にしているか」という基準の差。

 

そう考えていくと、身の回りには改善できることが山のようにあることに気がつくでしょう。

 

試しに身の回りの改善ポイントを5つぐらい書き出してみてください。
それらを、ちょっとだけハードルを上げてみるとしたら?

それが「今日の成功リスト」です。

なにごともそうですが一発逆転しようという前提があると、人はムリします。
ギャンブル的な発想が生まれます。
投資も人生も無理は続きません。

 

それよりも好転という発想です。
ちょっとづつよくしていく。

 

FXより全世界株式のインデックス投資をコツコツ積み立てするようなものです。
(例えわかります?)

 

さて、「今日の成功リスト」は完成しましたか?

 

日々の積み上げこそ力なり


昨日よりもより良い1日になった。

この事実を積み上げていくことだと思います。

 

1日1日の先に1週間の成功があり、
1週間の積み上げの先に1ヶ月がある。
その先に1年が・・・

 

今日1日に集中し、毎日ハードルを超えていく。
その積み上げをしていくほかありません。

 

スポーツにある逆転劇も、ぼくたちに見えていないだけで、1日1日のひたむきな好転の積み上げがあったからこその結果でしょう。

 

結局、日々好転。
これがもっとも地力になると思っています。

 

もう、勘の良い方にはバレているかもしれません。

今、ぼくの頭の中ではゆずの定番「栄光の架け橋」が鳴り響いているわけで・・・

気持ちはアスリートです。

 

それでは、また。