思考整理

【視聴率女優に学ぶ】やり続ける人はたった1人だけ

「私、失敗しないので」

いつか言ってみたいセリフですが、なかなか言う相手も機会もありません。

その名セリフでお馴染みの視聴率女優と呼ばれる方が、某テレビ番組でインタビューを受けていたのをたまたま観ていたのですが、久々に引き込まれました。

 

ブロードウェイミュージカル・シカゴに三度目の出演。
劇中歌も世界120か国で配信。日本人初。

 

知りませんでした。
国内だけでなく、グローバルに活躍する方だったのですね。
すごい実績です。

彼女は、元々モデルから女優に転身しています。
女優としても最初は演技が下手すぎて1シーンに20回以上もやり直ししていたそうです。

そんな彼女が、どうやって海外のブロードウェイの舞台に立てたのか?

そこを赤裸々に語っていたのが、とっても印象的だったのです。

 

結論から言うと、

まず、あの舞台に立ちたい!と決めてしまうんだそうです。

「私は必ずあの舞台に立ってシカゴをやる」と。
決めたら、事務所の方に事あるごとに言っていたそうです。

「私、シカゴやりたーい!」と。

次に、そのために必要なことをひたすらノートに書き出した。

・英語が話せないと
・ダンスもできないと
・オーディションに通らないと

などなど

思いつくまま、書き出して、それらをまた分解していく。
課題を細かくしていけば、「あ、これはできる」となり、1つ1つつぶしていける。

もう自分が舞台に立つつもりで練習していたそうです。

そんな中で、オーディションの話が耳に入り、ビデオレターを送った。

見事に採用された。
そうして、夢を現実にしていったそうです。

 

もちろん、本場NYでの舞台稽古もしごきにしごかれ、アジア人と言うことでいろんな差別的な扱いもあったそうですが、彼女は「決めた」ことをやり通した。

そして、見事に舞台で主演をつとめ、今年3度目の出演となるわけです。

プロ根性が違いますよね。

しかし、私が一番参考になったのは、彼女の思考法です。

ポイントを整理します。

①本心からのゴールを決める
②そのゴールに至るポイント(やるべきこと)を分解して書き出す
③1つ1つクリアしていく

とてもシンプルですよね。
ああなったらいいなぁとぼんやり思って動かないのではなく、

「とにかく決めて、書き出せ」なんです。

これって私たち凡人でもできること。

実際そうやってブロードウェイの舞台に立った彼女の説得力たるや。

 

最後に彼女はこんなことを言っていました。

若い頃に聞いた言葉を今でも大切にしているとのこと。

「したい人、10000人。

始める人、100人。

続ける人、1人。」

(たしかこんな感じだったかと)

私も過去に目にしたことがある言葉です。

彼女はこの言葉通りにして、次々と夢を実現してきたわけです。

知るだけでなく、実践する。

 

大変、刺激をいただきました。

「やり続ける人はたったひとり」

やり続けましょうね!

 

それでは、また。

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA