くらし

【行く年、来る年】ストレスフリーの時間感覚で生きていく

まもなく2021年が終了し、
そして2022年がやってきます。

 

そう、行く年来る年。

 

古い過去は「行ってしまい」、新たな未来が「やって来る」。

 

昔の人たちは、この瞬間を

「行く年、来る年」と言ってきたわけですね。

 

言い得て妙だと思います。

 

この言葉が表す時間感覚、私は大好きです。

 

まるで川の流れの中で、
私たちは上流に向かって立っているような感じです。

 

川の流れが「時間」だとしたら、

未来という時間は上流からどんどん流れてきます。

 

自分の立ち位置を通過した時間は過去となり、
下流へとどんどん流れ去っていくのです。

 

まさに「行く年、来る年」です。

 

過去に執着せず「あれはあれで良かったのだ」と水に流す。

 

体の向きはいつも上流ですよ。

未来という時間はどんどん絶え間なく上流からやってきますから。

 

私は「こうなったらいいな」という希望のボールを
ポンポン上流へと放り投げています。

 

すると、そのボールは上流から時間の流れと共に
フワフワと流れて来るわけです。

 

来た!と感じたらキャッチします。

 

それは何気なく開いた本からのヒントだったり、
インスピレーションだったり、
人とのご縁だったり。

 

たまにキャッチしそびれて、スルーしてしまうこともあります。

 

後ろを振り返っても取り戻せません。

 

さっさと諦めて、またポンポン希望のボールを上流に投げたらいいのです。

 

いずれ未来から流れてくるわけですから。

 

「前向き」って、
上流を向いて川の流れの中に立つことを指している。

私はそう思います。

 

時間を味方にする面白い思考だと思いませんか?


私はそんな時間感覚でこの10年、生きています。


まさにストレスフリーに生きる時間感覚です。


あなたならどんな希望のボールを上流に投げたいですか?

 

何個でもOKです。

 

ポンポンと投げながら、新年を迎えましょう。




やがて、そのボールはあなたの元に流れてきます。
2022年、「おっ!」と感じたらすかさず掴んでいきましょう。


 

今年も本ブログを読んでくださり、心から感謝申し上げます。

来る年明けからも、
あなたの役に立ち、元気になる記事を書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

それでは良いお年をお迎えください。

 

 

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA