くらし

【備えあれば憂いなし】いざ停電になった際に慌てないためのマストアイテム

東京都が一戸建てやマンションなどの新築住宅を対象に、住宅メーカーに太陽光パネル設置を義務付けようとしている。

こんな報道を耳にしたからではなく、いざ停電になった際に大切な家族を少しでも安心させるために購入しました。

要は小型のソーラーランタンです。

我が家の窓は主に東と南に向いているので、日中はガッツリ
太陽光が差し込みます。

このランタンを窓際にちょこんと置いておくだけで勝手に
充電されています。

明るさは思ったよりもパワフルに明るく、何かに吊るすこともできるし、
懐中電灯のように持ち運びもしやすいです。

6歳の子どもでも扱えるシンプルかつ安全な代物です。

そしてこれ、スマホの充電もできるというめちゃ便利なグッズなのです。

停電時こそ、スマホの電池を確保したいですよね。

私はキャンプなどアウトドアに頻繁に行くこともないので、
停電時の緊急ライトとスマホ充電を目的として購入(2台)しました。

まさかこの日本で停電なんて、と思う方がほとんどだと思いますが、
最近でも横浜という都市部でかなりの時間の停電があったばかり。

しかも、なぜか停電は夜に起こりやすい(不思議!)

この3月、政府は初めて「電力ひっ迫警報」を発令し、首都圏では
あわや大規模停電の発生かと人々を驚かせたばかり。

「ひっ迫」って何やねん!と不安になった方、多かったと思います。

この夏・冬も再び電力ひっ迫の恐れがあると言われています。

それとなく、「あるかもよ〜」と言っているわけですよね。

平時の時ほど、「備えあれば憂いなし」を考えて行動しておきたいと思います。

値段も千円台と手頃なので、迷いなく購入をオススメします。

 

これも検討しているところです。
高まる防災意識にスマートな備えを。【防災非常用蓄電池ナビ】

それでは、また。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA