Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
思考整理

新年のはじまり、まず「メモ書き」から始めよう

あけましておめでとうございます。
2021年も激動の一年になるでしょう。
しかし私は、過去最高に喜べる一年にしていくつもりです!(キッパリ)

 

さて、新年のはじまり、何かメモ書きしましたか?

(またそれか・・)

はい。今年もシンプルに「書く」「行動」する。
この軸は変わらず、ブログ発信していきます。

「別に何も書いていないし、何を書けばいいかわからない」
と思ったあなたへ。

新年の始まりにふさわしい思考ができる一行をプレゼントします。

年賀状がわりに(笑)。

ぜひ次の「問い」をまっさらな紙の冒頭にタイトルとして書いてみてください。

 

 

 

「2021年、どうなったら最高だろうか?」

 

新年のメモスタートはまず「問い」から。
書初めみたいになるべくデカデカと書いてみてください。


答えがすぐ出なくても大丈夫です。
ダイジなのは、問いだから。
書いて、放っておいてもOK。

 

もちろん、アイデアが浮かんだらどんどん書いてくださいね。
正月休みってなんとなくテレビを観ながらダラダラしたり、
暴飲暴食気味になったりと、【思考と行動】が鈍りがちになります。

 

もちろんリラックスして自由に過ごせば良いかと思いますが、
よかったら1日3分でいいので、先の問いを眺めてみてください。
(3分程度なら時間を用意できますよね)

 

リラックスしている時ほど心の奥から本心が浮かびやすいもの。
ペンを持ちながら、ふと浮かんできた言葉をすかさず書く。
どんなキーワードが浮かんでくるかを楽しみにしながら。

 

もちろん私もやっています。
今年も「書初め」ならぬ「メモ書き」で新年を始めていきます。
【問い×答え】のシンプルなメモ書きをあなたも楽しんでみてください。

 

ちなみに、どうなったら最高?の「最高」って
とにかくめっちゃ嬉しくて喜びに満ち溢れているあなたです。

・どんな表情で、どんな言葉で、誰に何を伝えていますか?
・それはどんな場所で、何時ごろに誰と一緒?ひとり?
・どんな気持ちが湧いてきていますか?

そんな想像、イメージをしてみると
キーワードが湧いてきやすくなります。

理屈とか現実は置いておいて、感情を優先させてみるのがコツです。
(「どうせ、ムリ」とか冷ますようなことはNGですよ)
試してみてくださいね。

 

問いを立てることはいつも思考の出発点です。
どんな問いを投げかけるかによって仕事も人生も「質」が変わってきます。
ならば「喜びに向かう問い」をいつも持ちたいもの。

ことしはそんな問いをテーマにした講座もやっていこうと思います。
よかったら一緒に学びましょう。
それでは、また!