Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
仕事

【過去から励まされる方法】メモリーマネジメントのすすめ

・これからなにかに挑戦しようとしている。
・ちょっと今、壁にあたってもがいている。
・もう、あきらめそうだ。

そんな方へのエールのつもりで。

「ちょっと時間をつくって、メモリーマネジメントをしてみませんか?」

メモリーマネジメントとは、PC関連の用語ではなく、あなたの過去に関わる作業を指します。

やり方は、とってもカンタンです。

 

■過去の成功、うまくいったことをリストアップする。

これだけです。

今までの人生を振り返って、
小さなことから大きなことまで何か達成したこと(できたこと)を書き出してみるのです。

たとえば・・・

・運動会のかけっこで1位になった
・25メートルを息継ぎしないで泳げた
・木登りで一番高く登れた(その後落ちたけど)
・中学校のクラスでお笑い担当だった
・野球部員の紹介文を書いたら大ウケして校内がゆれた
・高校では落ちこぼれだったけど、猛烈に受験勉強し合格できた
・バイト先でリーダーになってお店をいろいろ活性化した
・滑舌の悪さを独自のトレーニングで克服した
・上司のパワハラに耐え抜いた
・全く英語ができなかったけど、外国人の友達を作れた
・毎日会社を辞めたいと思ったけど5年間はやり通した
・やりたい仕事をやれるようになった
・理想の女性に勇気を出して告白し結婚することができた

などなど

 

たとえば、ですよ。

思い出しながら書き出していったら、小さなこと、しょうもないことも遠慮なく含めると50でも100でもあると思うんですよ。

 

ただ、忘れているだけで。

 

このリストをぜひ作ってみて欲しいのです。
効果テキメンですから。

 

オススメする理由はなにか?

 

じぶんをいつもポジティブに向けられるようにするためです。

 

そのリストを眺めているだけで、プラスの気持ちに仕向けてくれる記憶(メモリー)。

実は、私自身かつての会社員時代、その大半が暗黒時代でした。
仕事は営業がほとんどでしたが、毎日が数字との戦い。
胃に穴が空きそうな日々でした。

今期、達成できるか否か。
その一点で評価が決まり、職場での存在価値が左右される。
精神的に辛かったですね。

そんな時に、思わず始めたのが日記です。
辛い記録だけだと、なんだか味気ないので「よかったこと」もなんとか一行書いていたのです。

救われますよ。

たまに、そのノートを振り返ると「よかったこと」が過去毎日あったことを思い出します。
それが結構支えになるのです。

そんな経験から、会社員の後でフリーランスになってからも、
自然とメモリーマネジメントをするようになりました。

 

あ、じぶんってまだまだできるんじゃないか?

あの時超苦しかったけど、(お前)がんばってたじゃねぇか。

そんな自己対話が始まるでしょう。

そもそも過去の失敗に執着する意味はないと思っています。

しかし、小さな成功は違います。

過去のできたことリストを作ってみるとわかります。
もう書き出しながら、勇気がコンコンと湧いてくるのです。

 

”だよな〜、あのときよくがんばってたよな〜”と。

 

もちろん、その後もリストを見るだけでエネルギーが湧いてきます。

 

過去にやれたこと、できたことを頻繁に思い出すのは、なかなか意味のある行為なのです。

 

 

しかし、です。

 

ぼくも含めて多くの人は、

直近だけの良し悪しの影響をすぐ受けてしまっていませんか?

そう、直近だけで。

 

何をやってもうまくいかない。
しんどい、つらい、、、

それはここせいぜい1、2年の範囲だけで、そう思い込んでいるだけではないでしょうか。もしかして。

 

近況だけで解釈するよりも、あなたが生まれてからの歴史の範囲で眺めてみてください。

 

悔しいこと、悲しいこと、辛いこと。
たしかにいろんなことがあったと思います。

でもそれと同じくらい、
楽しいことや大笑いしたこと、興奮したこともあったはずなのです。

 

そして、すっかり忘れているかと思いますが、
だれしも小さなことをたくさんやり遂げてきたことがあるのです。

 

別にだれかと比べてという話ではなく、じぶん自身の弱さを乗り越えたり、誰かを助けたとか、なにかの決断をして動いたことがあったはず。

その過去って、あなたにとって「大切な宝」じゃないですか?
眠らせるのではなく、今に活かすことだってできるのです。

ぜひメモリーマネジメントで気持ちの立て直しを。

 

ペンと紙を用意して、お茶でも飲みながら過去を思い出してみてください。

書き出して、あとは時々ぼっ〜と眺めるだけですから。
(昔のこと、多少盛ったってOK)

 

これまであなたは様々やり遂げてきた。

だから、”今”生きている。

 

過去のあなたが紡いできた数々のストーリーは、
今のあなたを応援していますよ。

 

それでは、また。