Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生の流れを変えるシンプルで究極な思考法。
仕事

【部下に悩む管理職のあなたへ】シンプルで究極なパフォーマンス向上策

入社5年目の部下、仕事に関心が薄くいつも反応がわかりにくい。
仕事もパッとしない。
まず彼を理解しようと傾聴を意識するけど、結局私が一方的に話してしまう。
たぶんなにも刺さっていない・・・😞

ある管理職の悩み。

わかります。
のれんに腕押しのような感じ。
こちらも人間、だんだん腹立ってきますよね。

(ならもう、辞めちまえ!)
言えたらスッキリするのかもしれませんが、
ちょっと落ち着いて。

実は、そんな部下こそ、
戦力化していく方法があります。

知りたいですか?

 

ズバリ結論から。

その仕事を好きにさせるのです。

もうひとつ。
たぶんまだ彼は仕事が”見えていない”

解説します。

 

 

あなたの部下は仕事がまだ見えていない理由①

「石の上にも3年」という言葉があるように、
どのような仕事でも大体3年やると全体像らしきものが見えてきます。
それなりに一人で仕事のある部分を担い、成果も出てくるでしょう。

ようやく仕事が面白くなってきた、と思うステージかもしれません。

ベンチャー企業なら3年もいるともうベテランかもしれません。
チームリーダーになる方もいる。

一方で「なんや、仕事ってこんなもんか」と思う人も出てきます。
早々に器用に成果を出しちゃった若手にありがちな傾向です。
「4年目の天狗」という言葉が人事の世界にあります。
鼻がビヨーンと伸びている状態。

・上司はわかってない、と批判したり
・会社の方針を批判したり
・顧客をバカにしたり

優秀だけに一時天狗になることもあるでしょう。
もしも身近に天狗がいたら、彼や彼女の今後のために
鼻っ柱をボキッとへし折ってやるのがあなたの仕事です。

(私、最近はやりませんがへし折るのは得意でした^^)

 

さて、5年目でうだつの上がらない彼ですが。

結論から言えば、
「仕事の全体像がまだまだ見えていない」と思います。

3〜5年目、それぞれ任されたパートはこなせる。
しかし、あなたのように仕事全体がクッキリ見えているとは限りません。
おそらく多くは「わかったつもり」。

私の経験から言えば、
仕事の全体像(森)が見えている人って意外に少ないものです。
自分に任された部分の仕事(木)を全体だと思っているのです。

そもそも「全体が何か?」すらわからないと思います。

試しに「君の仕事全てを紙に書き出してごらん」と。

これでその方の視野、視座がわかります。
つまり、どの程度仕事がわかっている人なのかがわかります。

上司から見ると、
・ある一部分だけ(1から10の2つだけ、とか)
・ざっくりしすぎている(○○を売る、とか)

見ているものが違いすぎて、驚くかもしれません。
「おいおい、全然見えていないじゃないか」と。

でも仕方がありません。

企業組織とは分業。
おそらく入社してから先輩のOJTで”ある部分だけ”教えられる。
全体像から見ていくこと、教えられることは少ないでしょう。

その部分こそ「仕事の全体」と誤認してしまいます。
どこから流れてきて、どこに繋がるのかよくわからないまま
仕事を数年やっているケースは多々あるでしょう。

 

①仕事の全体像を一枚のマップで見せる

世界は実はこんなに広かったのか!
てっきり日本が世界だと思っていた。。
そうなるかもしれません。

ゴールはココ、今いるところはココ。
こんな風に全体を見せてあげるだけで、
自分のやっていることの位置付けや価値がわかります。

部下の仕事への関心は広げて「あげられる」のです。
ね、できますよね^^

 

あなたの部下は仕事がまだ見えていない理由②

 

もう一つの理由。
結論から言えば、「仕事の解像度が低い」から

解像度とは、画素の密度。
ボンリヤ見えているか、クッキリ見えているかです。

テレビなら4Kはすごいキレイですよね。
昔のテレビ画像とは雲泥の差。
画像、荒かったですよね。

「しごとがつまらない」と言っている方の多くは画素が低い(荒い)のです。

どんな仕事でもやることは多岐にわたります。
そしてその多くは地味でつまらないもの。

料理人なら、延々と仕込みで野菜を刻む。
終わったら洗い物。
営業マンなら、延々と資料作成して移動。
私のようなフリーランスなら大量の領収書整理とか
地味にやっていることは多々。
もういくらでもあります。

ざっくり言えば、
今の職種がつまらない
今の職場がつまらない
今の会社がつまらない

しごとってつまらない

・・・もう生きているのが・・・
(ダメですよ!笑)

すべて捉え方がざっくり過ぎませんか。

もしもこんな状況であるなら、
解決策はズバリ「分ける」ことです。

かの哲学者、デカルトの名言にもあります。

『難問は分割せよ』、です。

そう、仕事をできるだけ細かく分解していくのです。
1個1個を顕微鏡で見れるレベルのように書き出してみるのです。

 

分けると分かる。
何が?

この業務は「割と好きなんだよな」が見えてくる。

例えば、コピー取りは嫌いだけど、
頼まれた情報収集は好き、とか。

定例会議は退屈でストレスだけど、
○○さんとの打ち合わせは好き、とか。

新規営業は苦手で嫌だけど、
既存顧客への関係を深めるコミュニケーションは好き(得意)とか。

そう、丸っと「仕事はつまらない」ではなく、
中身を細かく見れば、関心のあること、好きなことはあるのです。

 

 

②仕事を細かく分解して「好き」を発見していく

私は提案書の構想をホワイトボードに落書きしている時間が好きでした。
部下との打ち合わせも手書きでした。
落書きのように頭の中を描き出していく時間。

今でも大好きです。
でも、領収書の整理は苦手です。

5年目の彼の解像度をクッキリさせてみてはどうでしょう?

意外な業務に彼の「好き」はあるかもしれません。

「おおっ、そこか〜!」
1個見つけるだけで、本人も上司も気持ちが変わりますよ。

そのサポート、できますよね^^

 

 

好きが増えれば増えるほど、できる人になる

なんとなく部下を成長させる方法がわかってきましたか?

その仕事を好きにさせたらいいのです。
正確に言えば、好きな部分を発見し、増やしてあげる。
上司はそのサポートをすればいい、ということです。

人間誰しも好きになったら、放っておいても学び、改善していきます。
そして結果を出すために努力する。

かつて誰かを好きになった時を思い出してみてください。
それこそ全集中でパフォーマンスを発揮しようとしませんでしたか。
勝手にPDCAを回していませんでしたか(笑)。

私は相当仮説力を鍛えることができました^^

好きになっただけで、人間は隠れた能力を発揮してしまうのです。

仕事の「好き」が見つかること。増やしていくこと。
これこそシンプルで究極のパフォーマンス向上策です。

 

①全体像が見えていないなら、全体マップを見せる
②解像度が低いなら、細かく仕事を分ける
③「好き」ポイントを発見する

 

「好きになる。」

これは仕事のみならず、なんでも構いません。
上司が好き。
職場が好き。
お客様が好き。
などなど。
仕事や周辺に関わる物や人を「好きになること」。

好きをたくさん認識していくだけで、
気持ちは自然に高まります。
逆に「ここがイヤ」と嫌いポイントを考えていると
気持ちはしっかり落ちていきます。

「ココが好き」を積極的に見つけていきましょう。
それだけで部下の仕事力が上がるのですから^^

 


ちなみに、これは人生でも同じですよね。
幸せや楽しさを日々感じながら生きていきたいならば、
この世界を「好き」になればいい。

世界は悲しいこと、分けの分からないことも色々あるけれど、
どこに目を向けるかはあなた次第です。

「ココが大好きこの世界!」活動に。
それが日々幸せを増やす人生にしていく秘訣。

さぁ今日は、ひとり「好きポイント5倍デー」です。
(自分でもよくわかりませんが^^)

好きポイントを見つけていきましょう♪

それではまた!

 

 

 

 

 

 

1+