Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
メモ書き

【本音】ノートに手書きなんてやめておけ!

のっけからちょっと穏やかではないタイトルですが・・・

散々ノートやメモ書きを、会う人会う人にオススメし、たくさんワークショップをしてきた私ですが、この際、本音を言っていいですか?

もうハッキリ言って本当のところオススメしません。

なぜか?

もうね、今日はその理由を7個バシッと挙げますから。

絞って7個。本当はもっとあります。

これ見たら、ノートとかバサーって捨てたくなると思いますよ。

では解説いきますね。

 

ノートをオススメしない7つの理由

①「気づき」が生まれてしまう

ムダにいろんなことに気づかなくて良いじゃないですか。
このまま素通り人生でいいんですよね。
見ざる聞かざる言わざるって言うじゃないですか。

もうね、子供はいいけど気づきは生まれなくていいのですよ。
誰かの考えに乗っていればいいの。

ヘタに気づくと、アイデアが溢れ出てきますからね。
あ〜面倒くさい。

②目標が定まる

モヤモヤしながら生きる、でいいじゃないですか。
それが人間らしい。
あっちこっち行くのが楽しい。
スッキリはお腹とワイドショーだけでいいのでは。

下手に思考がスッキリしてしまうと、なんか見えてきそうですよね。

本当の目標とか、実現したい理想の状態とか。
こわくないですか?

③夢が叶う

んなことあるかー!とおいでやすなら叫びますね。
叶わないのが夢というもの。
夢は見るもので、実現するもんじゃない・・・。

現実は厳しいのよ、というしたり顔の大人でいましょうよ。

未だノートに夢を書こうって、短冊か!絵馬か!
(でも昔の人って大事なことは書いていたんだね)

一応念のため聞くけど、”こうなったら最高だなぁ”とかあるの?

④仕事の成果が上がる

やばいやん、仕事増えるやん。
出世してまうやん。
給料上がるやん。

たくさん喜ばれるやん。

もし部下もノート書きはじめたら、チームの成果が上がってまうやん。
しょっちゅうお祝いになるやん。

念のため聞くけど「成果」って、上げたいの?

⑤ストレスが軽減する

大人はストレスと戦うのよ。
ストレスを抱えながら生きるのが社会人でしょ。

え、ノート書くとセロトニンが出るって。
新しい野菜?それって美味しいの?

コストかからず、すぐできるとかいうあたりが怪しい。

⑥自信がわく

自分の強みが分かる。
強み知ってどうするの?

セルフイメージばり上がるやん。
なんか、やってみようとか挑戦とかしたくなるやん。

なんか、前向きになってまうやん。
「やってみなければわからないよね」とか涼しい顔で言う奴やん。

⑦自分が好きになり、人にやさしくなれる

自分のこと好きってちょっと気持ち悪くない?
自分にやさしくなっていくので、他人の評価を気にしなくて良くなるらしい。
気分がめっちゃラクになるらしいで。

結果として他人にもやさしくなれる。
許せるようになっていく。
そんなモテ男、モテ女になってまうわ。

 

ノートには人生を狂わす魔力がある

ね、ノートってやばいでしょ?
このように、いろんなデメリットがあるわけですよ。

オススメされたからといって軽い気持ちでノートを書き始めるのではなく、

一度わたしが挙げたデメリットを今一度ていねいに読んで、人生を狂わせてしまうくらいの魔力があるってことをちゃんと理解してから、ノートやメモ書きをしてほしいなと思うわけです。

まぁこれだけのデメリットを見て、もうノート捨てたよ!という人もかなりの数いるのではないかと思います。

万が一、それでもノート書きたいという稀な方がいたら、私は止めません。

もはや止めようがありません。
それはあなたの選択、自由ですから。

 

信じるか信じないかは、、、

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

ノートに書きすぎたら手を休めましょうね。意外とこっています。
手のひら疲れや緊張、ダルさにリラックスハンドパッド【一般医療機器】