Simple Memo Life
生きることはメモすること。 人生ストレスフリーになるシンプルなメモ活用法と実践
思考整理

単純だけど大切なことシリーズ⑥:早寝早起きをしているか

おはようございます。
今朝は6時に目が覚めました。
冬らしい朝です。

さて、前回UPした記事からの続き、シリーズ⑥「早寝早起き」についてです。
小学生の夏休みの過ごし方みたいで恐縮です。

しかし、本質とは一見バカみたいでカンタンなところにポンと置いてあるもの。
そして、私たちはその足元の本質を押さえずにしばしば迷走してしまいます。

生きるキホンのひとつは、「ちゃんと寝て起きる」なのかも。
そんなお話です。

 

 

単純だけど大切なこと【10の黄金チェックリスト】・なんか仕事の調子が出ない。 ・人間関係で疲れている。 ・最近、気分が重い。 そんな時、あなたには何か【じぶんが立ち返る基本となるコト...

 

まずは再掲「10の黄金チェックリスト」
(物事が何だかうまくいかない時、立ち返ってみるリストです)

ゴミが落ちていたら拾っているか
先手で挨拶をしているか
こまめな掃除をしているか
笑顔(微笑み)があるか
感謝を表しているか
早寝早起きをしているか
よく噛んで食べているか
肯定しているか
思考を整理しているか
与えているか

 

 

すべて忘れて寝てしまうこと

結論を言えば、じぶんを立て直すには「寝る」のが一番です。
しかもぐっすり寝ること。

もちろん、物事を投げ出して寝るわけにも行かないのが現実ですよね。

なので、時間を決めてやれることはやる。
決めた時間が来たら、だらだら粘らずに
寝る前のメモ書きをして”はい、今日はおしまい”

・気になっていること
・明日優先的にやること
・モヤモヤ

これらを頭から紙の上に書き出して(吐き出して)おく。
たったそれだけです。

慣れてきたら1分程度でOKです。

試してみて欲しいのですが、ぐっすり眠れます^^

【新基準】寝る前の一枚のメモ書きが明日の朝を変えていくあっという間に1週間が終わる。 あー今日何も成果が出せていない。。 そんな不安や焦り、感じてますか? その状況を変えるのは、簡...

30代前半までは、体力ある限り粘れたので寝る時間を削って仕事をしていたこともあります。
今では「非効率だし、働き方改革で・・」とほぼ敬遠されるでしょう。

でも経験を振り返ると、ある一時、じぶんの限界まで仕事できたことが今となっては確実に役に立っています。

「大量行動、非効率さ、限界突破」。
会社員だと今ではできない3点セットですが、プロになるために必要な3点セットです。
どんな仕事でも「量をこなす時期」は必要です。

ただし、睡眠時間は死守です。
ここを削り続けたら、どこかで確実に調子を崩します。
結局自分と誰かに迷惑をかけます(経験上、それ確実です)

自戒を込めて言います。
十分な睡眠を確保するのは、プロとして最低限の基本です。

だから、決めた時間までは集中するものの、時間が来たらパッとやめる。
あとは、全て忘れて寝る。
この小学生並みの感覚で動けているか、です。

 

朝というゴールデンタイムに何をするか

もしかして「朝なにげなく起きて、なにげなく仕事に行く」。
そんな感じですか?

 

だとしたら、非常にもったいないです。

 

朝はゴールデンタイム、有効に使いましょうと言うのは今更私ごときが言うまでもなく、多くの成功者たちが語っています。

 

単純に早起きをして朝日を眺めるだけでも気持ちよさがあります。
加えて、その時間に何ができるかを考えてみるのです。

 

別に朝、何をしてもいいと思います。
片付けとか、本を1ページ読むとか、コーヒーをゆっくり飲むとか・・・
じぶんにとって心地よいことを1個するだけでその日の流れを作りやすいはずです。

 

ちなみに私の現在のモーニングルーティンはこんな感じです。

①朝起きて、すぐ良いイメージを思い浮かべ

②好きな飲み物を飲んでリラックス

③スワイショウという気功をして

④音楽を聴きながら、昨日の振り返りメモを書く

⑤ブログ執筆

⑥子どもたちがまだ起きていなければ声をかける

1個どころか色々やってるやんと書きながら思いましが、最初は①だけでした。
(なお今年の6月からは、週1ペースですがオンライン上で朝活もはじめています)

朝のルーティンを決めてコツコツやっていくことは、毎日良い気分をセットする感じです。
夜は、あれやこれや気分が重くなりがちですが、朝はどんな人でもフレッシュなじぶんを感じやすいはずです。

すべてにOKを出す朝。「ZOOM」を使って週に1回朝7時から「朝のメモ活」を続けている。 わたしが企画・ナビゲーター。 特徴は、参加者のスピーチを聞いて面白...

朝少し早く起きると、誰でも「何か」ができるのです。
なんとなくぼっ〜と過ごすか、何か1つでも決めて毎朝試しにやってみるか。
もちろん、後者ですよね。

早起きは三文の徳、という有名なことわざがありますよね。
一文を現在の貨幣価値に直すと、大体30〜50円だそうです。
なので三文=ざっくり100円。

「なんだ、たったの三文かい」といった解釈をしますか。
それだけならもう30分寝ていよう、と。
その気持ちもわからないではないですが、たとえ100円でもコツコツ毎日貯めていくとやがては大金になります。

わたしは、そんな未来への積み上げにワクワクするタイプです。

 

うまくいかない時ほど「寝る/起きる」から大切にしてみる

誰にでもできるチェックポイントであり、実践です。

物事がうまくいかない時ほど、まずは基本に返るのです。

「寝ると起きる」という暮らしの基本からじぶんを立て直すことはできます。
毎日、毎朝生まれ変わったかのように再スタートすればいい。
どんなに不遇の日々が続いても、朝はやってきます。

毎朝、立て直すチャンスはありますから。

最後に、毎朝わが子たちに「おはよう」と共に、投げかけている言葉をシェアして終わりにします。

 

「サイコーの1日がはじまったね^^」

 

すでに今日は最高。
朝、決まりました^^

 

それでは、また!
今日も読んでくれてありがとう。
(今夜は早く寝ましょうね^^)

 

 

★ワークショップのご案内★★★

詳細、申し込みはPeatixより


朝のメモ活:毎週水曜日7時〜8時(体験参加無料です)

https://peatix.com/event/1729852?utm_medium=web&utm_source=results&utm_medium=%3A%3A%3A2%3A1729852&utm_campaign=search


シンプル説明力講座総集編:12/18(金)19時〜20時半(有料です)

https://peatix.com/event/1729832?utm_medium=web&utm_source=results&utm_medium=%3A%3A%3A0%3A1729832&utm_campaign=search